高校野球観戦記【秋季神奈川県大会2回戦】横浜商業vs桐蔭

      2016/11/19

高校野球秋季神奈川県大会2回戦を観て来ました。

どこの球場に見に行こうか迷ったのですが、

「横浜商業vs桐蔭学園は見ておかなくちゃ」と思い俣野公園横浜薬大スタジアムに決めました!

2016-09-04 09.44.28

 

私は5年前に群馬から神奈川に引越して来ましたが、神奈川の地方予選の豪華な顔ぶれにはびっくりです。

ふら~と球場に行って全国でも有名な強豪校の試合が気軽に見られるので、それだけでも神奈川に引越して来て良かったと思っています。これって神奈川県民の特権ですね(笑)

そして、横浜高校や東海大相模を始めとして、慶応、桐蔭、桐光、横浜隼人など県内の色々な高校の試合をここ数年で見て来ましたが、実はまだ横浜商業の試合は観戦したことがありませんでした。

甲子園が遠のいてしまっているY校ですが、ここ数年県内では強豪私学に対抗できる力を着実に蓄えてきています。なので、桐蔭とどんな試合をするのか楽しみにして俣野公園横浜薬大スタジアムに行って来ました。

2016-09-04 13.33.32

試合は初回から横浜商業打線が繋がり、3点を先制。

桐蔭も負けじとその裏に2点を返し、3回には5番南木がこの日2本目のタイムリーで3対3の同点に追いつきました。

2016-09-04 10.58.58

桐蔭の5番バッター南木は力強い打撃で、桐蔭打線の中でも特に目立った存在でした。

しかし、桐蔭が同点に追いついても直後の4回に横浜商業は、3番山口の2点タイムリーと押し出しデッドボールで6対3と桐蔭を突き離します。

その後、桐蔭は何とか一点ずつ返していきますが、守るY校も犠牲フライを阻止するライト深野の奇跡のバックホームなどもあり、追いつかせません。

そして、8回にはY校の頼れる3番山口のライト前タイムリーで7対5と再び2点差に突き離します。

この時点で流れは完全にY校でした。

自分も「Y校勝ちそうだな」と心の中で思っていました。

でも流れは一気に、そしてあっけなく桐蔭の方に行ってしまいました。

その原因となったのが、Y校の継投です。

8回裏、Y校はエースから2番手ピッチャーに交代、しかし代わったピッチャーの制球が定まらず一気に3点を奪われて8-7で、まさかの逆転負け。

2016-09-04 12.58.52

最後の最後に桐蔭は底力を見せつけた形となりました。

逆に横浜商業は、強豪私学に勝つことの難しさを思い知らされ、自分達に何が足りないのかを改めて考えるための試合になったと思います。

ともあれ、両チームとも打線が活発で観ている方はとても面白い試合でした。

 - 高校野球 , , ,