2016高校野球秋季九州大会の日程と組み合わせ

      2016/12/11

今年の秋季高校野球東海大会は、10月22日から大分県で開催されます。
九州地域各県の地方予選大会を勝ち抜いた18チームが九州の頂点を目指して戦います。

この秋季九州大会は来春の選抜大会の重要な参考資料にもなります。
春の選抜甲子園大会の九州枠は4校となっていますので、どのチームも準決勝までは勝ち進みたいところでしょう。

また、新チームになってから初の九州大会ということもあり、まだ全国的には名前の知られていない逸材が現われるかもしれません。


開催球場と日程

2016年の秋季高校野球九州大会は別大興産スタジアムをメイン会場として大分県で開催されます。

<開催球場>

別大興産スタジアム

臼杵市民球場

日程は10月22日(土)からの6日間です。(25日は休養日)抽選は10月13日(木)に行われます。

出場校

九州大会には開催県の大分からは4校、その他の県(福岡・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄)からは2校ずつの合計18校が出場します。

【県別出場校】
<大分>
第一代表:明豊 第二代表:杵築 第三代表:大分商業 第四代表:大分西
<福岡>
第一代表:福大大濠 第二代表:東海大福岡
<佐賀>
第一代表:佐賀北 第二代表:佐賀商業
<長崎>
第一代表:長崎日大 第二代表:長崎東
<熊本>
第一代表:秀岳館 第二代表:熊本工業
<宮崎>
第一代表:鵬翔 第二代表:高千穂
<鹿児島>
第一代表:れいめい 第二代表:鹿児島実業
<沖縄>
第一代表:美来工科 第二代表:興南

組み合わせ

【追記10.30】
サヨナラで福岡大大濠(福岡)が優勝
福岡大大濠は明治神宮大会に出場。

2016-aki-kyusyutournament



注目選手

★は甲子園出場選手
【投手】
・木村 颯太(佐賀商業1年)・山口 翔(熊本工業2年)・八木田 武洋(熊本工業1年)★田浦 文丸(秀学館2年)・森下 颯太(大分商業1年)・渡辺 竜基(鹿児島実業2年)
【内野手】
・古賀 悠斗(福岡大大濠2年)・東 怜央(福岡大大濠2年)・稲本 侑星(福岡大大濠1年)★木本 凌雅(秀学館2年)
【外野手】
・樺島 竜太郎(福岡大大濠1年)・大塚 由智(長崎日大2年)

過去の大会結果

過去10年間の秋季九州大会のベスト4チームを振り返ってみました。

<2006年>優勝:熊本工業(熊本)準優勝:大牟田(福岡)ベスト4:小城(佐賀)・鹿児島商業(鹿児島)
<2007年>優勝:明豊(大分)準優勝:沖縄尚学(沖縄)ベスト4:城北(熊本)・鹿児島工業(鹿児島)
<2008年>優勝:清峰(長崎)準優勝:神村学園(鹿児島)ベスト4:明豊(大分)・興南(沖縄)
<2009年>優勝:嘉手納(沖縄)準優勝:宮崎工業(宮崎)ベスト4:自由ケ丘(福岡)・興南(沖縄)
<2010年>優勝:鹿児島実業(鹿児島)準優勝:九州国際大付(福岡)ベスト4:九州学院(熊本)・波佐見(長崎)
<2011年>優勝:神村学園(鹿児島)準優勝:九州学院(熊本)ベスト4:別府青山(大分)・創成館(大分)
<2012年>優勝:沖縄尚学(沖縄)準優勝:済々黌(熊本)ベスト4:尚志館(鹿児島)・創成館(大分)
<2013年>優勝:沖縄尚学(沖縄)準優勝:美里工業(沖縄)ベスト4:鎮西(熊本)・神村学園(鹿児島)
<2014年>優勝:九州学院(熊本)準優勝:糸満(沖縄)ベスト4:九産大九州(福岡)・神村学園(鹿児島)
<2015年>優勝:秀岳館(熊本)準優勝:海星(長崎)ベスト4:日南学園(宮崎)・鹿児島実業(鹿児島)


 - 高校野球 , ,