2016高校野球秋季中国大会の日程と組み合わせ

      2016/12/11

今年の秋季高校野球中国大会は、10月28日から山口県で開催されます。
中国地域各県の地方予選大会を勝ち抜いた16チームが中国大会の頂点を目指して戦います。

この秋季中国大会は来春の選抜大会の重要な参考資料にもなります。
春の選抜甲子園大会の中国・四国枠は中国地区と四国地区を合わせて6校となっています。
なので、選抜に出場するためにはどのチームも決勝戦までは勝ち進みたいところです。

また、新チームになってから初の中国大会ということもあり、まだ全国的には名前の知られていない逸材が現われるかもしれません。


開催球場と日程

2016年の秋季高校野球中国大会はユーピーアールスタジアムをメイン会場として山口県で開催されます。

<開催球場>
ユーピーアールスタジアム


日程は10月28日(金)29日(土)30日(日)11月5日(土)6日(日)の5日間です。抽選は10月21日(火)に行われます。

出場校

出場校は各県の予選を勝ち抜いた16校です。
山口からは4校、鳥取・島根・広島・岡山からは3校が出場します。

【県別出場校】
<山口>
第1代表:宇部鴻城 第2代表:熊毛南 第3代表:徳山商工 第4代表:華陵
<鳥取>
第1代表:鳥取城北 第2代表:境 第3代表:米子松蔭
<島根>
第1代表:益田東 第2代表:立正大学淞南 第3代表:出雲西
<広島>
第1代表:広島新庄 第2代表:尾道商業 第3代表:市立呉
<岡山>
第1代表:関西 第2代表:玉島商業 第3代表:創志学園

組み合わせ

【追記.11.6】
宇部鴻城(山口)が2年ぶりの優勝!
宇部鴻城は明治神宮野球大会に出場。

2016-aki-tyugokutournament




注目選手

★は甲子園出場選手
【捕手】
★小林 勇輝(創志学園2年)
【内野手】
・竹井 陸(関西1年)・中島 翔人(鳥取城北2年)・嶋谷 将平(宇部鴻城2年)
【外野手】
★難波 侑平(創志学園2年)・瀬戸 成一郎(鳥取城北2年)

過去の大会結果

過去10年間の秋季中国大会の優勝と準優勝のチームを振り返ってみました。

<2006年>優勝:広陵(広島) 準優勝:関西(岡山)
<2007年>優勝:下関商業(山口) 準優勝:八頭(鳥取)
<2008年>優勝:倉敷工業(岡山) 準優勝:南陽工業(山口)
<2009年>優勝:開星(島根) 準優勝:関西(岡山)
<2010年>優勝:関西(岡山) 準優勝:創志学園(岡山)
<2011年>優勝:鳥取城北(鳥取) 準優勝:倉敷商業(岡山)
<2012年>優勝:関西(岡山) 準優勝:広陵(広島)
<2013年>優勝:岩国(山口) 準優勝:広島新庄(広島)
<2014年>優勝:宇部鴻城(山口) 準優勝:岡山理大附(岡山)
<2015年>優勝:創志学園(岡山) 準優勝:南陽工業(山口)


 - 高校野球 , ,