21世紀枠で40年ぶりに甲子園に出場する中村高校について調べました!

      2017/03/18

ついに、2017年の第89回選抜高校野球大会の出場校が決まりました!

第89回選抜高校野球大会の出場校はこちら⇒

出場校は32校。内訳は一般枠で29校、21世紀枠で3校です。

特に毎年話題になるのが、部員が少なかったり、災害に見舞われるなど、野球をするのに恵まれない環境でありながらも、ひたむきに練習に励み、秋季地区大会で一定以上の成績を納めた学校の中から選ばれる21世紀枠の3校です。

そんな2017年の21世紀枠候補の中でも私が特に注目しているのが、たった16人の部員ながら2016秋季高知県大会決勝であの明徳義塾を2-0で破り、40年ぶりに優勝した県立進学校の中村高校です。

中村高校と言えば、「二十四の瞳」で話題になったことを覚えている方もいると思います。

後にプロ野球阪急ブレーブスで活躍した山沖之彦投手を擁して1977年の第49回選抜大会で部員わずか12人ながら準優勝に輝き「二十四の瞳旋風」と騒がれました。

その時以来の甲子園出場を果たした中村高校のベンチ入りメンバーとチームの特徴について調べてみました。

中村高校ってどんな学校?

中村高校は高知県西部の四万十市にある創立110年を超える男女共学の伝統校です。

高知県立の普通科高校ですが、2002年に中学校が開校し、中高一貫教育を行っています。

生徒の自主性を重んじていて、高知県西部の進学校として人気が高い様です。

【生徒数】594 【偏差値】54

ベンチ入りメンバー

監督:横山 真哉監督
主将:山本 泰生選手

名前 学年 身長・体重
1 岡本諒 2 163cm・59kg
2 伊与田遥輝 2 175cm・63kg
3 一円優太 3 171cm・72kg
4 北原野空 3 168cm・71kg
5 中野聖大 3 176cm・75kg
6 大崎凛 2 178cm・62kg
7 岡上颯 3 181cm・62kg
8 武田晴仁 3 178cm・62kg
9 下村悠斗 3 168cm・55kg
泥谷和希 3 174cm・62kg
東俊介 2 174cm・60kg
芝藤圭祐 3 168cm・61kg
土居祐太 3 173cm・63kg
岡村奎翔 3 160cm・44kg
吉村颯志朗 3 171cm・55kg
山本泰生 3 168cm・61kg

チーム平均身長171.6cm
チーム平均体重61.6kg
部員16人全員が周辺の中学校出身で地元密着型のチームです。

実況パワフルプロ野球 ヒーローズ – 3DS
by カエレバ

チームの戦績

【秋季高知県大会】優勝

1回戦 vs安芸 2-0【勝】
2回戦 vs高知 6-5【勝】
準々決勝 vs高知東 4-1【勝】
準決勝 vs土佐 5-1【勝】
決勝 vs明徳義塾 2-0【勝】

【秋季四国大会】

準々決勝 vs英明 5-7【負】(延長13回)


新チームになってからの公式戦の成績は5勝1敗

秋の高知県大会は、元阪急の山沖投手を擁して選抜大会で準優勝した時以来、40年ぶりの優勝に輝きました。

続く四国大会の初戦は香川の英明と対戦。強豪校を相手に9回2死までリードも土壇場で追い付かれ延長13回に無念の逆転負けを喫した。

注目選手

北原 野空(きたはら のあ)投手 2年
168cm・71kg

エースで4番。正にチームの大黒柱!

なのですが、ピッチャーとして登板するようになったのは新チームになってからです。

と言うのも、新チーム結成時にピッチャーが不在だったため、中学時代に投手経験のあった北原選手が監督から頼まれて、高校でもピッチャーをやるようになったそうです。

16人という少人数のチームならではのエピソードですね。

しかし、マウンドに立てば最近投手を再開したとは思えないほど安定感抜群のピッチングです。

緩急を上手く使い秋季高知県大会決勝ではあの明徳義塾打線を見事に完封しました。

第89回選抜高校野球関連書籍




 - 高校野球 , ,