2017高校野球愛知県大会の優勝候補と注目選手

   

愛知県大会の展望

『至学館が打線強化成功、選手能力は中京大中京』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

『思考破壊』を強打に結び付け春の東海王者に輝いた至学館

攻守にレベルの高い中京大中京。

連覇を目指す東邦に桜丘、豊橋中央、愛産大三河、栄徳が迫る。

ノーシードの愛工大名電、享栄も地力がある。



愛知県大会の注目校

至学館

秋3位から東海大会準優勝、そしてセンバツに出場した至学館。

打線強化に成功し春は東海の頂点に立った。

1日500から800にスイングを増やし、県の準決勝と決勝、東海の1回戦と準決勝の4試合連続2ケタ安打を記録。

準決勝はセンバツで1勝している静岡から19安打、13得点し、新美(3年)、井口(3年)にホームランも飛び出した。

左腕・川口(3年)横手からも下手からも120キロ台後半の直球、スライダー、90キロ台のカーブで打者を幻惑する。

右腕・新美が右足首の捻挫から復帰。一歩抜け出した。

中京大中京

走攻守に戦力は厚い。

右腕・香村(3年)、143キロ左腕・磯村(3年)に、左の伊藤稜(3年)と投手陣のレベルは高い。

4番・鵜飼航丞(3年)は高校通算本塁打が50本を超え、U18侍ジャパン高校代表の1次候補選手にも選ばれた。

左打ちの沢井(2年)も長打が魅力。

秋の県大会優勝、そして東海大会ベスト4。春は県ベスト4の実績があり、代表切符は手の届く所にある。

東邦

167cmと小柄な右腕エース・田中(3年)は、最速135キロの直球を軸にスライダーをコーナーに決める。

また、セカンドも守り打線では3番を打つ。春の東海大会1回戦と準決勝では2試合連続ホームランを放った。

144キロ右腕の扇谷は粗削りだが、直球の質はいい。

期待の大型遊撃手・石川昂弥(1年)が加わるなど、秋のベスト8・春の準優勝から戦力アップを図ってきた。



桜丘

秋・準優勝、春・ベスト8の桜丘は145キロ右腕・原悠(3年)が大黒柱。

スプリットが決め球で、スリークォーターからインステップして投げ込むクセ球は、右打者には打ちづらい。

その他の有力校

春ベスト8の愛産大三河は桜井監督の長男・桜井仁生(1年)と石原(1年)の新戦力が加わった。

同じく春ベスト8の豊橋中央はエース格の左腕・西脇(3年)に、右の三浦圭(3年)、花井(3年)、渡辺(2年)、左の三浦蓮(2)と完投能力がある投手が揃っている。

高校通算ホームラン40発に迫る強肩捕手・長峰(3年)にも期待。

春4強の栄徳、ノーシードながら地力のある愛工大名電なども侮れない。

参加134チーム 決勝戦7月28日
昨夏優勝:九州国際大付 昨夏準優勝:福岡工大城東
秋優勝:福岡大大濠 秋準優勝:東海大福岡
春優勝:九産大九州 春準優勝:西日本短大付




 - 高校野球 , ,