2017高校野球福岡県大会の優勝候補と注目選手

   

福岡県大会の展望

『西日本短大附、真颯館、筑陽学園に勢いあり』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

福岡大大濠、東海大福岡の2校がセンバツ8強入りし、県内が活気付いた。

有力校の戦力が充実。

その中でも『西日本短大附』、『筑陽学園』、『真颯館』、『福岡工大城東』に勢いがある。



福岡県大会の注目校

西日本短大付

破壊力No1の大型打線で春準優勝。

5番渡辺(3年)が高校通算30本塁打を超え、3番横尾(3年)、4番橋本(3年)の180cm・85kg以上ある中軸で計80発。

打球の速さと飛距離は群を抜く、193cm・98kgの田中(3年)を加えると90発を超える。

昨年のU15日本代表メンバー近藤(1年)がショートに入り内野が安定。

140キロ右腕・西(3年)、低めに制球できる右の藤松(3年)、左腕・田端(3年)らが四死球を減らせば、7年ぶりの甲子園へ大混戦を抜け出せる。

筑陽学園

秋ベスト4、春ベスト8も、4月の福岡地区大会を制覇。

左腕3本柱が頼りになる。

最速137キロの古川(3年)が強気に攻め、2年生の大畑は最速140キロ、サイドスローの米井(2年)は技巧派だ。

四番捕手の藤原(3年)が攻守に存在感を示す。

打線がつながるようになり攻撃に自信を深めたナインが14年ぶり2度目の甲子園に向かって好投手を打ち崩す。

真颯館

柳川、自由ヶ丘を率いて甲子園6度出場の末次監督が就任5年目。

昨夏ベスト4のスタメン5人が残り、春4位。

九州工業の校名で1970、1994年に出場した甲子園を視野に捉える。

5月に練習試合4試合で13本塁打した打力は、指揮官の予想を超える成長ぶり。

橋本(3年)、高木(3年)、田中(3年)の中軸に、6番浦川(3年)、7番堀口(3年)もホームランを打てる。

左腕末松(3年)のストレートは130キロ台前半だが、伸びと小さく鋭い変化球で三振を奪える。

右肩痛の143キロ右腕高木が回復できれば、代表切符に手が届く。



福岡大大濠と東海大福岡は?

センバツ8強の福岡大大濠は、包囲網の中にいる。

146キロ右腕・三浦銀二(3年)と古賀悠斗(3年)の県No1バッテリーも、打線も分析されている。他校の対策を上回れるか。

同じくセンバツ8強の東海大福岡もサイド右腕エース安田(3年)の独特な軌道や配球を研究されている。

その他の有力校

春ベスト8の福岡工大城東は、140キロ近いストレートとフォークが武器のパワー系右腕赤木(3年)と右アンダースローの鶴沢(3年)が対照的な投球を見せる。

秋ベスト8の自由ヶ丘は147キロ右腕・柳原(3年)が故障から復活しダークホースに浮上。

4連覇のかかる九州国際大付、春優勝の九産大九州などにもチャンスはある。

参加134チーム 決勝戦7月28日
昨夏優勝:九州国際大付 昨夏準優勝:福岡工大城東
秋優勝:福岡大大濠 秋準優勝:東海大福岡
春優勝:九産大九州 春準優勝:西日本短大付




 - 高校野球 , ,