2017高校野球岐阜県大会の優勝候補と注目選手

   

岐阜県大会の展望

『大垣日大を追う私立勢、公立勢の巻き返し期待』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

秋の段階では大混戦だったが、春を制して東海で準優勝した大垣日大が完全に抜け出した。

追うのは麗澤瑞浪、中京学院大中京、美濃加茂の私立勢。

市岐阜商、岐阜各務野、県岐阜商などの公立勢が巻き返せるか。



岐阜県大会の注目校

大垣日大

急成長する2年生右腕・修行恵大が春にエースとなり、一気に加速した。

130キロ台前半が伸びる直球と、同じ軌道から落とすフォークで連打を許さない。

背番号3になった140キロ左腕・石川隼也(3年)が3番ファーストで春の県打率.588のバットで、リリーフで、先発でフル回転する。

俊足巧打の1、2番・右の岡田宗祐(3年)と左の都築(3年)が投手に圧力をかけ攻略する。

麗沢瑞浪

準優勝の秋は110キロ台だったアンダースロー右腕・伊藤智紀(3年)の直球が130キロに近付き、緩急の幅が広がった。

1番・水谷雅貴(3年)、3番・平沢綾平(3年)らの打力が上がり、3月末の高校野球フェアで滋賀学園と敦賀気比を撃破。



中京学院大中京

中京から校名変更した春に準優勝。

部員134人で、投手陣は昨夏の甲子園で2試合先発した技巧派右腕・古田(3年)、140キロ右腕・高野信元(3年)、昨年のU15日本代表左腕・不後(1年)ら層が厚い。

高打率の1番・西川颯真(3年)、3番・小鶴(3年)、4番・高野が得点を生めば、2年連続代表に手が届く。

美濃加茂

秋3位、春8強。

140キロ左腕池戸昇太(3年)の完成度が高く、5月の練習試合で高岡商業、福井商業を倒した。

控え投手と4番・福田(3年)を中心に打線が援護できるか。

その他の有力校

岐阜一は1、2年生がスタメンにズラリと並ぶがバッテリーを中心にシード校撃破を狙う。

公立勢の筆頭は、ノーシードの市岐阜商。強気な右腕・加藤(3年)に左腕・吉田(3年)、2年生右腕・村井、右サイド・日渡(2年)の多彩な投手陣に高校通算20発に迫るショート中神(2年)と私立勢と勝負できる戦力がある。

その他、県岐阜商や土岐商、21世紀枠でセンバツに出場した多治見などからも目が離せない。

参加68チーム 決勝戦7月27日
昨夏優勝:中京 昨夏準優勝:大垣日大
秋優勝:多治見 秋準優勝:麗沢瑞浪
春優勝:大垣日大 春準優勝:中京学院大中京




 - 高校野球 , ,