2017高校野球東東京大会の優勝候補と展望

      2017/06/29

第99回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)出場を懸けて7月8日に開幕する東東京大会

東東京はここ2年続けて関東第一が制しているが、今年は新旧私学強豪校に加え都立高校にも力があり、本命不在の混戦状態。

大会前の話題は清宮幸太郎のいる西東京に持って行かれているが、西以上の激戦が予想される。



西東京大会の展望

春の都大会ベスト4で6年ぶりの甲子園を目指す『帝京』が本命。

秋春の都大会ベスト8で夏3連覇に挑む『関東一』が対抗。

そして、春ベスト8の『二松学舎大付』も侮れない存在だ。

その他には春ベスト8の『東京実業』や春ベスト16で初のシード権を獲得した『朋優学院』、更には部員13人ながら初シードの『共栄学園』にも注目したい。

参加135チーム 決勝戦7月29日
昨夏優勝:関東第一 昨夏準優勝:東亜学園
秋優勝:早稲田実業 秋準優勝:日大三高
春優勝:早稲田実業 春準優勝:日大三高

※秋と春は東西がなく都大会です。



東東京大会の注目選手

【関東第一】
高橋晴(3年)投手/186cm・87kg/右投げ右打ち
最速146キロの角度ある直球が武器のプロ注目右腕

【東京実業】
栗田航暉(3年)投手/181cm・79kg/右投げ右打ち
エースで4番、東京実業の大黒柱

【城西大城西】
後藤茂基(3年)投手/179cm・72kg/右投げ右打ち
最速141キロの伸びのあるストレートと縦横2種類のスライダーが武器。プロも注目する好素材

【葛飾野】
ブライト健太(3年)内野手/182cm・80kg/右投げ右打ち
高校通算20発超えの長打力と、50m走6秒0の俊足で「オコエ2世」と呼ばれる未完の大器



 - 高校野球 , ,