2017高校野球兵庫県大会の優勝候補と注目選手

      2017/07/07

兵庫県大会の展望

『報徳学園2監督で春夏へ、”アベック”狙う市立西宮』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

センバツ4強の報徳学園が、勢いそのままに春の兵庫県大会を制覇。

抜群の安定感を誇るバッテリーを中心に、夏も本命となりそう。

追うのは公立の雄・明石商業

シード校以外にも東洋大姫路など実力校が上位進出を狙う。



兵庫県大会の注目校

報徳学園

春の選抜大会で大きく成長を遂げたエース右腕・西垣(3年)が7年ぶりの夏代表へ牽引する。

永田監督からセンバツ後にバトンを受けた前部長の大角監督は「西垣に続く投手を育成する」と春は全てリリーフて起用。

それでもキレがある最速143キロの直球は健在。

強肩捕手・篠原(3年)とのプロ注目バッテリーは県内でも屈指の安定感を誇る。

控えの投手も春以降に成長し、厚みを増してきている。

春と夏、異なる指揮官での甲子園連続出場が実現しそうな勢いだ。

明石商業

秋は神戸国際大付に延長11回サヨナラ負けで16強止まり。春は4位となり狭間監督も手応えを感じている。

投の柱は2年生左腕の加田。最速130キロ台半ばだが、球のキレとハートの強さが武器で、3月の練習試合では大阪桐蔭を完封している。

左の近藤(3年)、右の福谷(2年)も能力は高い。

春は3人の1年生がベンチ入りしたが、夏は更に新戦力の起用がありそうだ。



神戸国際大付

秋の兵庫県大会優勝、続く近畿大会は準優勝という見事な成績でセンバツに出場するも甲子園ではまさかの初戦敗退。

春は準々決勝で明石商業に敗れた。

巻き返しへ、春に160cmの3番手左腕・花村(3年)がテンポのいい投球で好投したのがプラス材料。

センバツで東海大福岡から10三振を奪ったエース左腕・黒田(3年)、143キロ右腕・岡野(3年)と投手陣は充実。

攻撃は、高校通算20発超えのドラフト候補捕手・猪田(3年)が軸となる。

その他の有力校

春準優勝したは右の二本柱が原動力で、エースは佐名川(3年)、最速142キロの吉田(3年)は吉田凌(オリックス)のいとこ。

秋春3位の育英は、闘争心あふれる投球スタイルが魅力の右腕・野上(3年)、高校通算30発超のスラッガー・宮田(3年)が投打の軸。

市立西宮は春8強の立役者となったエース右腕・山本(3年)の出来次第。

ちなみに市立西宮は、夏の甲子園開会式にプラカード嬢を輩出している学校のため、代表となれば54年ぶりのアベック出場となる。

参加162チーム 決勝戦7月28日
昨夏優勝:市立尼崎 昨夏準優勝:明石商業
秋優勝:神戸国際大付 秋準優勝:報徳学園
春優勝:報徳学園 春準優勝:社




 - 高校野球 , ,