2017高校野球茨城県大会の優勝候補と注目選手

   

茨城県大会の展望

『総合力は常総学院も、明秀日立に勢いあり』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

秋春とも不振ながら地力のある常総学院、秋春連覇で初の甲子園切符を目指す明秀日立、プロ注目の本格派右腕・遠藤淳志を擁す霞ヶ浦の三つどもえ。

その3強を土浦湖北、石岡一が追う。



茨城県大会の注目校

常総学院

サイド右腕・柴山(3年)、右腕・小林(3年)、左腕・鈴木(3年)、昨年のU15日本代表右腕・岡田(1年)と投手陣は多彩。

昨夏の甲子園に1番センターで出場したメガネがトレードマークの陶山(3年)が今年も打線を牽引。

3番ファーストだった宮里は捕手に転向し、春は4番を任された。

秋は常磐大高、春は明秀日立にゴールド負けし、ともに2回戦敗退と精彩を欠いたが、スキを突く緻密な野球は健在。

選手たちに自信が戻れば、夏連覇に大きく近付く。

明秀日立

秋春連覇を成し遂げ、夏の初優勝が見えてきた。

采配を振るうのは、2010年3月まで青森の光星学院を率いて春夏4度ずつ甲子園に出場した金沢監督。

高校通算本塁打20本を超える右の強打者・若松(3年)はベンチプレス115キロのパワーが売り。

スタメン9人に長打があり、春は県5試合全てで5得点以上挙げ、5点差以上付ける打力を発揮した。

投手陣は181cm左腕・猪狩(3年)からサイド右腕・粂(3年)への継投が軸だが、春の関東大会初戦で作新学院に大量失点。

DeNAドラフト5位ルーキーの細川成也外野手の弟・細川拓也(2年)を含め、投手陣の整備が悲願の初優勝につながる。



霞ヶ浦

秋春とも準優勝、春の関東大会ではベスト8入りした。

最速142キロ右腕のプロ注目投手・遠藤淳志(3年)を擁して投手力で2年ぶりの甲子園出場を目指す。

その他の有力校

春3位の土浦湖北は、最速135キロのエース右腕・矢萩(3年)がテンポのいい投球で打者に的を絞らせない。

春の準々決勝で強打の常盤大高を相手に1失点完投勝利を挙げた。

秋4強、春8強の常盤大高で中軸のワラス(3年)は、通算30本塁打超えの左の強打者。

アメリカマイナーリーグ3Aでプレー経験のある父と日本人の母を持つ。

1番・竹川(2年)は一昨年のU15日本代表メンバー

参加98チーム 決勝戦7月26日
昨夏優勝:常総学院 昨夏準優勝:明秀日立
秋優勝:明秀日立 秋準優勝:霞ヶ浦
春優勝:明秀日立 春準優勝:霞ヶ浦




 - 高校野球 , ,