2017高校野球石川県大会の優勝候補と注目選手

   

石川県大会の展望

『星稜・日本航空石川・金沢の3強に挑む公立勢』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

昨夏代表で春の北信越大会優勝の星稜、秋の県大会優勝の日本航空石川、両校を下して春の県を制した金沢の3校が軸。

春の初戦で遊学館を7-0の7回コールドで下して4強入りした寺井、春8強の小松商業金沢工業津幡など公立勢が打倒私立に挑む。



石川県大会の注目校

星稜

プロ注目の149キロ右腕・清水(3年)が、昨夏の右ひじ負傷から復活。

最後の夏へ「日本一を達成して、プロに行きたい」と意気込む。

春の県大会で打線は、1番・若宮(3年)が打率.571、4番・木倉(3年)が率.524を残すなどチーム打率.365と力強い。

秋、春とも準優勝に終わったが、盤石の布陣で2年連続甲子園出場に挑む。

日本航空石川

秋の県王者、北信越準決勝で福井工大福井に8-10で惜敗し、センバツに届かなかった。

投手陣は秋準優勝の立役者となった最速141キロのエース右腕・佐渡(3年)に、ともに2年生の左腕・杉本と右腕・大橋が成長。

打線は、春の準々決勝で高校通算17号のサヨナラ2ランを放った185cm・96キロの大型スラッガー・上田(2年)が軸。

昨夏は決勝で星稜に逆転負け。

2009年夏以来8年ぶりの甲子園へ、戦力は十分に整っている。



金沢

秋3回戦敗退でノーシードだった春、準決勝で日本航空石川、決勝で星稜を下して頂点に立った。

エースは左腕・今村(3年)だが、春の決勝では向井、大筆の2年生左腕リレーで星稜打線を1点に抑え、左の3本柱に。

春の県6試合で2本塁打、15打点の4番・尾形(3年)、3本塁打、8打点の5番・森下(2年)の長距離砲コンビが火を噴けば6年ぶりの代表に近づく。

その他の有力校

春4強と躍進した寺井は、絶対的エース右腕・西川(3年)に続く投手陣の充実が上位進出のカギ。

秋3位の小松大谷は、瀬堂(3年)柴山(3年)ら好打者が並ぶ打線の破壊力が県内屈指。

参加50チーム 決勝戦7月27日
昨夏優勝:星陵 昨夏準優勝:日本航空石川
秋優勝:日本航空石川 秋準優勝:星陵
春優勝:金沢 春準優勝:星陵




 - 高校野球 , ,