2017高校野球香川県大会の優勝候補と注目選手

   

香川県大会の展望

『三本松、英明、坂出、横一線のデッドヒート』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

春優勝、四国4強の三本松、春準優勝の英明、同4強の丸亀城西坂出がシード校

秋優勝の高松商業、同4位の藤井、昨夏代表・尽誠学園、好投手を擁す志度を含め突出したチームはなく、どこが甲子園行きのチケットを手にしてもおかしくない。



香川県大会の注目校

三本松

プロが注目する最速141キロ、多彩な変化球で三振の山を築く右腕・佐藤圭悟(3年)が堅守の要。春の高松一(3回戦)戦は17奪三振を記録した。

右の安芸(3年)、春の四国で公式戦公式戦初先発した168cm左腕・香西(2年)がエースの負担をどれだけ減らせるかがポイント。

英明

秋3位、春準優勝。

下級生の時からエース、主砲の右腕・藤井(3年)は冬場にオーバースローからサイドスローに変えて制球力が増した。

春の四国大会は右足薬指疲労骨折の影響で打ち込まれたが夏は心配ない。

打線は1番・吉岡(3年)がチャンスを作り、3番・湊(3年)、一発の期待できる4番・藤井、5番千原凌平(2年)で得点する。



坂出

打たせて取る投球が身上のエース西山(3年)、一塁兼任の門田(3年)、二塁兼任の東田(2年)の3右腕を擁し、秋準優勝、春は4位。

秋の四国大会と春の県大会で敗因となった守備を立て直すためコンバートを行い、新戦力を抜擢して競争を促進させた。

丸亀城西

投手力で春3位に躍進。

右サイドの大西(2年)、140キロ近い直球とスライダーを内外角に決めて三振を奪う右腕・大前(2年)、ピンチでワンポイント登板できる右の藤沢(3年)と投手陣が揃っている。

その他の有力校

志度は投手が豊富で、140キロ前後のストレートを持つ右の武田隆(3年)、制球力のいい右の鎌田(3年)、左の富田はいずれも外野兼任。

秋優勝の高松商業は、昨年のセンバツ準優勝メンバーだった捕手植田理久都(3年)がひざの故障で戦列を離れていたが6月中旬に復帰。

代わってマスクをかぶり経験を積んだ藤川(2年)が本塁打を量産中と打線の核がもう一つできた。

昨夏代表の尽誠学園藤井などもからも目が離せない。

参加38チーム 決勝戦7月23日
昨夏優勝:尽誠学園 昨夏準優勝:高松商業
秋優勝:高松商業 秋準優勝:坂出
春優勝:三本松 春準優勝:英明




 - 高校野球 , ,