2017高校野球神奈川大会の優勝候補と注目選手

      2017/06/29

8月7日開幕の全国選手権大会(夏の甲子園)出場を懸けて7月8日に開幕する神奈川県大会。

今年も全国最多の189チームが参加し、最大の激戦区となっている。

上位校はどこも甲子園で優勝を狙える程の戦力が整っているが、この神奈川を勝ち抜くのが非常に難しい。

果たして今年の神奈川を制するのはどの学校か?




神奈川大会の展望

春優勝の『東海大相模』と秋春準優勝の『横浜』が一歩抜けている。

春4強の『星槎国際湘南』、秋優勝の『慶應』、秋春4強の『桐光学園』が続く。

その他『横浜隼人』、『平塚学園』、『桐蔭学園』などに注目したい。

橘学苑』、『横浜創学館』は初優勝を目指す!

参加189チーム 決勝戦7月29日
昨夏優勝:横浜 昨夏準優勝:慶應
秋優勝:慶應 秋準優勝:横浜
春優勝:東海大相模 春準優勝:横浜




神奈川大会の注目選手

【東海大相模】
森下翔太(2年)外野手/180cm・80kg/右右
2年生ながらすでに高校通算20本塁打超えのスラッガー

門馬大(3年)内野手/174cm・73kg/右右
門馬監督の長男で、重量打線の主軸を担う

【横浜】
福永奨(3年)捕手/177cm・81kg/右右
U18日本代表1次候補に選ばれた強打の捕手

増田珠(3年)外野手/185cm・83kg/右右
U18日本代表1次候補に選ばれたプロ注目のスラッガー

【星槎国際湘南】
本田仁海(3年)投手/181cm・75kg/右右
今年の神奈川大会No1の呼び声高いプロ注目の本格派右腕

【慶應】
正木智也(3年)外野手/182cm・85kg/右右
高校通算40本塁打超えの右のスラッガー





 - 高校野球 , ,