2017高校野球北北海道大会の優勝候補と注目選手

      2017/06/29

8月7日開幕の第99回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)出場を賭けて6月25日に開幕する北北海道大会。

本命不在で、どこが甲子園出場を勝ち取るのか全く予想のつかない大混戦状態です。



北北海道大会の展望

秋春全道大会4強の『稚内大谷』が一歩リードか?甲子園出場となれば、史上最北端からの甲子園出場だ。

対抗馬は昨夏準優勝の『滝川西』、昨夏の経験者が6人も残り雪辱に燃えている。

昨年、通信教育の高校として初めて甲子園に出場し話題を呼んだ『クラーク記念国際』は、新チームになってからなかなか成績が残せていないが昨年の甲子園出場メンバーも残り、夏に照準を合わせている。

その他に切れ目のない打線で春道4強の『帯広大谷』、攻撃力の高い『旭川実業』、『遠軽』、『白樺学園』武修館』などの甲子園経験校も虎視眈々と頂点を狙っている。

参加94チーム 決勝戦7月21日
昨夏優勝:クラーク記念国際 昨夏準優勝:滝川西
秋道ベスト4:遠軽 秋道ベスト4:稚内大谷
春道ベスト4:帯広大谷 春準優勝:稚内大谷




北北海道大会の注目選手

【稚内大谷】
正岡翔也(3年)投手/170cm・75kg/左左
141キロの力ある直球とスライダーが武器のサウスポー

【滝川西】
鈴木愛斗(3年)投手/171cm・66kg/右右
高い制球力とカットボールで打たせて取るタイプのピッチャー

【クラーク記念国際】
金原瑶(3年)外野手/174cm・73kg/右左
昨夏の甲子園を経験している強肩強打の外野手

【遠軽】
鶴藤昇大(3年)内野手/182cm・112kg/右右
体重112キロの巨漢を活かしたパワフルなバッテイングが持ち味





 - 高校野球 , ,