2017高校野球高知県大会の優勝候補と注目選手

   

第99回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)出場を懸けて7月15日から高知県大会が開幕します。

選抜大会には、高知から『明徳義塾』と『中村』の2校が出場。

しかし、夏は1校しか出場できません。

その1枠を巡って、選抜出場の2校、私立の強豪校、公立の伝統校などが熱い戦いを繰り広げます。



高知県大会の展望

昨夏の甲子園ベスト4、選抜出場、四国大会秋春連覇と『明徳義塾』の強さが突出しています。

明徳義塾の壁を他の高校がどう切り崩して行くのかに注目です。

対抗馬となるのは、21世紀枠で選抜に出場した『中村』でしょう。

選抜出場時は部員が16人だけでしたが、1年生も9人入りチーム力が上がりました。

またレギュラーメンバーも力を出し切れなかった選抜の悔しさをバネにレベルアップしています。

秋の決勝で明徳義塾を破った時の再現といきたいところです。

その他では、秋3位、春4強、県体育大会8強の『岡豊』や秋8強、春準優勝、県体育大会8強の『高知中央』、春優勝の伝統校『高知』などが続きます。

参加28チーム 決勝戦7月26日
昨夏優勝:明徳義塾 昨夏準優勝:中村
秋優勝:中村 秋準優勝:明徳義塾
春優勝:高知 春準優勝:高知中央




高知県大会の注目選手

【明徳義塾】
北本佑斗(3年)投手/170cm・68kg/左投げ左打ち
緩急交えた巧みな投球術が光る、経験豊富な左腕

西浦颯大(3年)外野手/178cm・70kg/右投げ左打ち
昨夏の甲子園で満塁ホームランを放っている、世代を代表する外野手。U18侍ジャパン高校代表1次候補にも選ばれました。

谷合悠斗(2年)外野手/179cm・81kg/右投げ右打ち
2年生ながら、選抜でホームランを放っている主砲

【中村】
北原野空(3年)投手/168cm・71kg/右投げ右打ち
チームを40年ぶりの選抜に導いた「小さな大エース」

【高知中央】
和田星哉(3年)投手/175cm・83kg/右投げ右打ち
打倒明徳に燃える142キロ右腕

【梼原】
溝渕翔(3年)外野手/183cm・77kg/右投げ左打ち
走攻守揃った、高校通算20本塁打超えスラッガー




 - 高校野球 , ,