2017高校野球宮城県大会の優勝候補と注目選手

   

宮城県大会の展望

『東北、仙台育英、東陵、実力伯仲の三つどもえ』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

春優勝の東北、秋春の東北王者でセンバツ出場校の仙台育英、春準優勝した東陵の”私立3強”がリードしている。

それぞれ特長が異なり、直接対決はハイレベルな好勝負が期待できそう。

春4強の古川工業をはじめ、春8強以上のシード権を手にした柴田石巻工業などの公立勢も一発逆転を狙う。



宮城県大会の注目校

東北

秋、準々決勝敗退をバネに春を制した。

2年生左腕コンビが急成長し、夏のエース争い、さらなるレベルアップが期待できる。

打線は昨年夏の甲子園を経験した4番・布施(3年)が軸になる。

春は県5戦で3本塁打、全試合で打点を挙げた。

同じく甲子園経験者の杉沢(2年)と植木(3年)も中軸を担う。

2年連続出場に照準は定まった。

仙台育英

春は県決勝で東陵に1対5で敗れたが、3位で出場した東北大会の準決勝で5番・杉山(3年)が逆転サヨナラ弾を放ち宿敵・東北を撃破。そのまま秋春連覇を果たした。

エース左腕・長谷川(3年)は県、東北を通して安定。

巧打の1番・西巻キャプテン(3年)、超打力のある3番・山田(3年)ら元々力のある打線に勝負強さが戻った。

春夏連続出場へ近付いている。



東陵

春は東部地区で敗れ、敗者復活戦から秋と同じ準優勝だった。

ショート兼任のエース右腕・佐藤瑞(3年)に次ぐ投手を育てるため、右腕・熱海(3年)が4試合中3試合に先発し、準々決勝で富谷に10安打されながら2失点完投と粘りが出てきた。

打線は目立った選手こそいないが、3番・角田(3年)、4番・小野(3年)ら中軸は勝負強い。

センバツは2014年に出場したが、夏は1988年を最後に遠ざかっている。

秋春ともはね返された決勝の壁を夏こそ越える。

古川工業

春は4位。

内野兼任の右腕で4番を打つ相沢(3年)が大黒柱。

準決勝で東北に、3位決定戦で仙台育英に連続完封負けした打線のテコ入れができれば、東北・仙台育英・東陵の3強に迫る。

その他の有力校

春ベスト8の石巻工業はエース右腕・森(3年)が計算できるため、後は得点力がカギになる。

187cm右腕・高橋(3年)を擁す聖和学園、準優勝した昨夏のレギュラーだった小池(3年)や林田(3年)が残る利府も3強の足元をすくう力はある。

参加69チーム 決勝戦7月30日
昨夏優勝:東北 昨夏準優勝:利府
秋優勝:仙台育英 秋準優勝:東陵
春優勝:東北 春準優勝:東陵




 - 高校野球 , ,