2017高校野球西東京大会の優勝候補と注目選手

      2017/06/29

第99回夏の全国高校野球選手権大会出場を懸けて7月8日に開幕する西東京大会。

おそらく今年の夏、もっとも注目を集める地方予選だと思います。

それは何故かと言えば、2017年の高校野球界の顔『清宮幸太郎』がいるからに他なりません。

高校通算100本塁打を超え、ますます世間の注目を集める清宮選手。

西東京大会を勝ち抜き、甲子園に出場すれば、その記録を更に伸ばす事は間違いなさそうです。

しかし、「打倒清宮!」「打倒早実!」に燃えるライバル達がそう簡単には勝たせてくれなそうです。



西東京大会の展望

春夏連続出場を目指す『早稲田実業』と  日大三』の2強が軸。

秋・春と決勝で早稲田実業に負けて悔しい準優勝に終わった『日大三高』はエースで1番を打つ桜井周斗や、プロ注目のスラッガー金成麗生など、ポテンシャルの高い選手が揃い頭一つ抜けている感がある。

秋・春と劇的勝利で都大会を制した『早稲田実業』は、ドラフトの目玉でもある清宮幸太郎を中心に強打で3季連続優勝に挑む。

この2強に続くのが、豊富な投手陣を揃える『東海大菅生』だ。ちなみに東海大菅生は二年続けて西東京大会決勝で敗れ、非常に悔しい思いをしている。

その他にも秋春4強の『国士舘』や昨夏甲子園のマウンドを経験した左右のエースが残る『八王子』からも目が離せない。

参加128チーム 決勝戦7月29日
昨夏優勝:八王子 昨夏準優勝:東海大菅生
秋優勝:早稲田実業 秋準優勝:日大三高
春優勝:早稲田実業 春準優勝:日大三高




西東京大会の注目選手

【早稲田実業】
清宮幸太郎(3年)内野手/184cm・101kg/右投げ左打ち
高校通算100本塁打を超えた高校球界屈指のスラッガー。秋のドラフトでは複数の球団から1位指名間違いなし!

野村大樹(2年)捕手/172cm・82kg/右投げ右打ち
清宮幸太郎をして「頼りになる」と言わしめた、チャンスにめっぽう強い2年生の四番打者

【日大三高】
桜井周斗(3年)投手/177cm・81kg/左投げ左打ち
秋の都大会で清宮から5打席連続三振を奪ったサウスポー。キレの良いスライダーはすぐにプロでも通用するレベル

金成麗生(3年)内野手/193cm・101kg/左投げ左打ち
飛ばす力は清宮以上。プロも注目する左の大砲。春からマウンドにも上がり150キロを計測

【東海大菅生】
小玉佳吾(3年)投手/181cm・83kg/右投げ右打ち
投げては140キロ台中盤、打っては4番を任されるチームの大黒柱

【八王子】
米原大地(3年)投手/182cm・72kg/右投げ右打ち
昨年チームを初の甲子園に導いた140キロ右腕

早乙女大輝(3年)投手/172cm・73kg/左投げ左打ち
米原と対照的に、変化球のキレとコントロールで勝負する軟投型左腕

【駒大高】
吉田永遠(3年)投手/183cm・77kg/左投げ左打ち
140キロ超えのストレートとキレの良いスライダーが持ち味のプロ注目左腕





 - 高校野球 , ,