2017高校野球大分県大会の優勝候補と注目選手

   

大分県大会の展望

『明豊と大分商業の2強、大分、柳ヶ浦など猛追』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

秋春の九州大会につながる県大会とは別に、秋と春に県選手権が行われている。

その4大会中3大会を制した明豊が総合力で一歩リード。

しかし決勝進出3度の大分商業との差はわずか。

この2校が中心だが、柳ヶ浦大分なども追い上げ態勢を整えている。



大分県大会の注目校

明豊

打線が活発だ。

1番・三村(3年)、2番・琉(3年)がしぶとく出塁し、5月に高校通算40発を超えた4番・杉園(3年)らクリーンアップでかえしていく。

投手陣も右サイドの橋詰(3年)を軸に、直球が140キロに迫る右腕・三浦(3年)と加来(3年)ら層が厚い。

春は1試合平均2.5失策だった守備の安定感を取り戻せば、2年ぶり6度目の甲子園へ、スキは見当たらなくなる。

大分商業

秋の県選手権優勝、春は県大会、県選手権とも準優勝。

こちらも高校通算40発超を誇る左の大砲・三代(3年)を中心に据えた打線の力強さがとにかく目を引く。

秋の九州大会1回戦で興南(沖縄)から逆転3ランを放った3番・渡辺(3年)、5番・平(3年)にも長打が備わり、1番・広沢(3年)も攻守両面でプロ注目の高いパフォーマンスを発揮している。

右の古江(2年)、左の池見(3年)の投手力をレベルアップさせ、相性の悪い明豊に挑戦したい。



柳ヶ浦

最速146キロのエース右腕・田中瑛斗(3年)にかかっている。

春の県選手権で成長した姿を見せ4強入り。

打線のカギを握る1番・郷原(3年)が本塁打を放つなど、攻守の歯車がかみ合ってきた。

大分

昨夏の代表で、春は4強。

春以降に右の岩切(3年)と左の山月(2年)の両輪が成長。

特に山月は130キロ台後半の直球に威力がある本格派。

打線は昨夏の甲子園を経験した三浦(3年)を1番に、田口(3年)、田崎(3年)ら中軸も力強い。

その他の有力校

春8強の藤蔭は攻守の要・久保山(3年)を中心にバランスの良さが際立つ。

5月に右腕・尾花(3年)が144キロを計測。サイド右腕・長谷川(3年)も練習試合で秀岳館(熊本)を完封するなど投手陣にメドが立ち、チームに落ち着きが出てきた。

秋春8強の大分舞鶴は、県No1左腕の呼び声高い益川(3年)がスライダーだけでなく、チェンジアップのキレも良くなってきた。

打線の奮起次第で8強以上が見えてくる。

参加44チーム 決勝戦7月25日
昨夏優勝:大分 昨夏準優勝:佐伯鶴城
秋優勝:明豊 秋準優勝:杵築
春優勝:明豊 春準優勝:大分商業




 - 高校野球 , ,