2017高校野球佐賀県大会の優勝候補と注目選手

   

佐賀県大会の展望

『佐賀商9年ぶりへ充実、大旋風起こすか東明館』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

秋の九州大会8強入りした佐賀商の戦力が充実。

秋春連覇の佐賀北と一騎打ちの様相を呈している。

ここに好左腕を擁す東明館神埼清明早稲田佐賀佐賀学園致遠館が割って入れるか。



佐賀県大会の注目校

佐賀商

秋準優勝で春4強。優勝こそないが、秋の九州大会8強入りした戦力を投打ともに拡大した。

投手陣は変化球のキレと制球が武器の永渕(3年)、130キロ台後半の直球で押せる木村(2年)の両右腕に、2年生左腕・吉末も完投能力を備えた。

経験を積んだ強肩捕手・竹下(3年)が大きく成長。

高出塁率の1番・山崎(2年)、選球眼が良く勝負強い4番・空閑(3年)が軸攻撃力は、全国でも戦える。

決勝敗退の昨夏、準々決勝で熊本工業に2-3と惜敗した秋の九州大会と、あと一歩で甲子園を逃した雪辱に燃えている。

佐賀北

試合巧者ぶりは健在。

1年秋から4番に座る高校通算20発超の主砲・古川(3年)を擁す打線の攻撃は多彩で、接戦で見せる集中力の高さは群を抜く。

160cmのエース中島(3年)と2年生・小野の両右腕も粘り強く、秋春を連覇。

春の九州大会で乱れた守備も立て直した。

昨年度で定年を迎えた百崎監督は再任用で、引き続き指揮を執る。全国制覇から10年、5度目の代表切符は目の前にある。



東明館

学校の強化クラブ指定3年目。4年前は9人に満たなかった私立校が、勝負の夏を迎える。

秋8強。春はインフルエンザまん延により3回戦敗退したが、2年生右腕・木谷が頭角を現し、経験豊富なエース左腕・緒方(3年)と二本柱が完成した。ともに直球は130キロ台後半で、打線でも軸となる。

1年生の183cm右腕・川口も戦力になりそう。捕手の木実(3年)、2年生・野口の打撃も光る。

接戦を勝ち切る粘り強さを発揮できれば、快進撃が期待できる。

その他の有力校

秋4強の神埼清明は春初戦敗退も、左腕・大江海透(3年)がドラフト候補に浮上。右腕・三好(3年)との両輪を打線が援護できれば金星も狙える。

早稲田佐賀は2013年夏準優勝、同年秋優勝の古賀監督が復帰、更に140キロ左腕・森田(3年)もケガから復活し巻き返しを図る。

春準優勝の佐賀学園も、夏こそはと燃えている。

参加41チーム 決勝戦7月23日
昨夏優勝:唐津商 昨夏準優勝:佐賀商
秋優勝:佐賀北 秋準優勝:佐賀商
春優勝:佐賀北 春準優勝:佐賀学園




 - 高校野球 , ,