2017高校野球埼玉県大会の優勝候補と注目選手

   

埼玉県大会の展望

『浦和学院か花咲徳栄か、2強崩せるか聖望学園』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

秋春連覇した春の関東王者・浦和学院と、昨夏の代表で秋春準優勝の花咲徳栄が一騎打ちの様相。

春の1回戦で浦和学院にサヨナラ負けしてノーシードとなった聖望学園が3番手。

昨夏4回戦で浦和学院を封じた左腕・メンディス海(3年)を擁す市立川越も注目だ。



埼玉県大会の注目校

浦和学院

投打にスキがない。

春の関東大会で、横浜、東海大相模の神奈川の名門に、前橋育英、日大三のセンバツ出場校を倒しての優勝。

入学直後から登板している2年生左腕・佐野は、140キロ超の直球にスライダーのキレが抜群。

背番号1の左腕・清水(3年)、右腕の近野(2年)と渡辺(2年)ら他の投手陣も成長している。

野手も1年夏から4番の蛭間(2年)に、矢野(2年)、杉山(3年)、家盛(3年)、山本(3年)らが前チームから残り層が厚い。

花咲徳栄

県決勝で、秋は1点差、春は延長10回サヨナラで浦和学院に連敗した。だが、準決勝まで4戦連続コールド勝ち。

エース綱脇(3年)と最速149キロのドラフト候補・清水(3年)の右腕二本柱がカギを握る。

打線の主軸は、プロが注目する左のスラッガー・西川(3年)、昨春は右大胸筋断裂の大けがを負いながらプレーを続け夏の甲子園で4番を任された。

岩井監督は「上から下まで切れない打線を」と攻撃強化に力を注ぎ、連続切符を獲りにいく。

聖望学園

エース右腕・西沢(3年)を中心に、ノーシードから、這い上がる実力派十分ある。

春の県1回戦は、1点リードの9回2死1塁から浦和学院に悪夢の逆転負け。

岡本監督が「勝ったと思った」と嘆くのも無理はない。

夏に向け、猛練習で攻守両面を鍛え上げてくるはずだ。



市立川越

春ベスト4の市立川越には、昨夏4回戦で浦和学院を8回ゼロ封した左腕・メンディス海(3年)が残っている。

スリランカ人の父と日本人の母を持つエースは夏に強く、2年連続の”金星”を狙う。

その他の有力校

春日部共栄は秋春ベスト4も、ともに準決勝で花咲徳栄にコールド負け。その差を夏までに埋められるか。

プロのスカウトがマークする146キロ右腕の布川(3年)を擁する武南にもチャンスがありそうだ。

参加156チーム 決勝戦7月26日
昨夏優勝:花咲徳栄 昨夏準優勝:聖望学園
秋優勝:浦和学院 秋準優勝:花咲徳栄
春優勝:浦和学院 春準優勝:花咲徳栄




 - 高校野球 , ,