2017高校野球徳島県大会の優勝候補と注目選手

   

徳島県大会の展望

『鳴門V6を阻むは、板野か?鳴門渦潮か?徳島商業か?』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

秋春連続で4強入りしたのは鳴門渦潮だけ。

昨夏まで鳴門が5連覇だが、各校の力が伯仲している今年は序盤から気の抜けない戦いが展開されそう。



徳島県大会の注目校

鳴門渦潮

投打にタレントが揃う。

1番・豊久雄友(3年)は50m走が5秒9の俊足でミートがうまく、出塁率が高い。

強肩遊撃手で3番の野口智哉(3年)、4番・笹田(3年)は左のスラッガー。

三振が奪えるエース左腕・河野成季(3年)、多彩な変化球を操る左の有持(3年)ら投手層も厚い。

しかし春は準々決勝以降の3試合で8失策するなど、四国屈指の戦力がありながら秋春準優勝、四国大会も秋春初戦敗退と勝ち切れていない。

なんとか再整備し、現校名で初の甲子園出場を果たしたい。

板野

150キロ右腕・森井紘斗(3年)は変化球のキレと制球力がアップし、我慢強い投球ができるようになった。

重い直球を持つ右腕・清水(2年)の台頭も心強い。

ともに遠投100m超と強肩の遊撃手・豊富(2年)、中堅・安芸(2年)は1年生から公式戦経験を積んで安定。

左の主砲・楠本(3年)は冬を越えて飛距離、勝負強さに磨きがかかった。

初めての甲子園は射程圏内にある。



徳島商業

内角を突く強気な投球とキレのいい直球が魅力のエース左腕・佐藤(3年)、森影監督の長男でインサイドワークに優れる捕手・森影一成(2年)のバッテリーが引っ張る堅守が武器。

冬に強化した打線は、春の県全5試合で長打を放った右の主砲・千里卓矢(3年)をはじめ、しぶとい。

2番・中堅の武田翔太(3年)を筆頭に足の使える選手が多いのも強みだ。

鳴門

昨年まで夏5連覇。しかし今年は秋・初戦敗退、春・8強止まり。

だが、全国を経験した左右の好投手などレベルの高い1年生が入学し上級生に刺激を与えている。

その他の有力校

秋優勝の生光学園は、春は2回戦で鳴門に2-5も、自打球で指を骨折し大事を取っていた捕手・熊谷(3年)が復帰。

エース左腕・仲尾(3年)、右サイド・日高(3年)、右オーバースロー・安芸(2年)ら経験を積んだ選手は多く、夏は仕上げてくるはず。

秋8強、春は2回戦敗退の城東も面白い存在。

秋3試合で四死球ゼロの制球力とキレが武器のエース右腕・大西(3年)、キャプテンで主将の斎藤(3年)がまとめる守備は鉄壁で、俊足選手も多く揃う。

参加38チーム 決勝戦7月23日
昨夏優勝:鳴門 昨夏準優勝:鳴門渦潮
秋優勝:生光学園 秋準優勝:鳴門渦潮
春優勝:徳島商業 春準優勝:鳴門渦潮




 - 高校野球 , ,