2017高校野球鳥取県大会の優勝候補と注目選手

   

鳥取県大会の展望

『公立勢が追い上げるも、鳥取城北の牙城は固い』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

春の中国王者・鳥取城北が総合力で大きくリードする。

しかし米子東、倉吉東、鳥取西にも投打に実力選手が揃っている。

昨夏代表の境は、甲子園経験者3人を中心に2年連続に挑む。

鳥取商業はレギュラー6人が2年生だが、波に乗れば6年ぶりの甲子園が見えてくる。



鳥取県大会の注目校

鳥取城北

秋春連覇し、夏も一気に走る。

140キロ超えの右腕トリオ・福本、松江、大宮と、制球力が自慢の左腕・黒木の3年生がエースナンバーを巡って争う。

野手では、捕手・清水(3年)がリードと送球に定評あり。

1、2番の山本貴(3年)、本道(3年)が積極的な打撃でチャンスメイク。

瀬戸、中島翔、今井の中軸3年生から下位の末沢(3年)、山本匠(3年)につなぐ。

機動力にも自信あり。

米子東

秋の初戦敗退から春準優勝。

延長サヨナラ勝ちが2試合あり、勝負強い。

勢いに乗る打線は、高校通算20本塁打に迫る4番・瀬尻(3年)と現チームでの通算打率4割超えの2番・松田(3年)が中心。

投手陣は140キロを目指す右腕・妹尾(3年)と左腕・庄盛(3年)のリレーで1991年以来の夏は甲子園出場を目指す。

倉吉東

秋ベスト4、春3位。

大黒柱の右腕・名越(3年)は133キロの平均球速を夏までに136キロ、最速140キロを目指す。

左腕・山田昂(3年)はサイドからスライダー、カーブ、チェンジアップで打者のタイミングを外す。

攻撃は高校通算本塁打が2ケタに達した右打ちの大型内野手・本荘(3年)と左の3番・竹内(3年)が軸。

チーム得点の3分の1近くを叩き出す勝負強い左右の強打者が、本命の鳥取城北を引きずり落とす。

その他の有力校

秋ベスト8、春4位の鳥取西は、好球必打の4番・池井(2年)と、春2ホーマーの7番・田見(3年)が打線を引っ張る。

エース前田(3年)は右上からテンポの良い投球をする

秋春ともにベスト8の鳥取商業はツーシームが決め球の右腕・岡村、左右高低に球を散らす右サイドの小笹、現チームでの通算打率4割超の捕手・山下、通算20発に迫る田中翔の2年生が熱い。

昨夏の優勝校は、甲子園を経験した捕手・紙野(3年)と高塚(3年)、上地(2年)の二遊間が連覇へと引っ張る。

参加25チーム 決勝戦7月26日
昨夏優勝:境 昨夏準優勝:米子松蔭
秋優勝:鳥取城北 秋準優勝:境
春優勝:鳥取城北 春準優勝:米子東




 - 高校野球 , ,