2017高校野球富山県大会の優勝候補と注目選手

   

富山県大会の展望

『県10戦全勝の高岡商業が富山一、富山商業に警戒』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

センバツに出場した高岡商業が本命。

特長の異なる投手三本柱を軸に秋春連覇し、県内無敵だ。

実力校の富山一富山商業砺波工業高朋の戦力が充実。

中でもシードから外れた富山商業富山一の動向が気になるところ。



富山県大会の注目校

高岡商業

秋春通じ県10戦全勝の圧倒的な力を誇る。

センバツは初戦で盛岡大付に延長10回サヨナラ負けを喫したが、その後は「試合に勝ちきる」をテーマに、勝負に徹してきた。

春の決勝は夏の連戦を想定し、あえて中1日で連投したエース左腕・土合(3年)が完投勝利した。

190cmの長身右腕・伏見(3年)、早くもプロがチェックする142キロ左腕・山田(2年)も万全。

この3投手に守備、打撃も安定感がある。勝って当たり前の重圧を乗り越え、普段通りのプレーができれば、春夏連続出場の可能性はグッと高まる。

富山一

本命独走状態の中、高岡商業に対抗できる潜在能力を持つ。

エースの146キロ右腕・森(3年)は、プロのスカウトからも注目される。

多彩な変化球と力強い直球を武器に安定。

エースが実力を発揮してチームを牽引できれば、2年連続の甲子園が見えてくる。

1月に前監督が部員への暴力で辞任したショックを乗り越え、OBの浅野監督がチームを再生できるかがカギとなる。



富山商業

投手育成に定評のある前崎監督の指導でエース右腕・沢田(2年)が順調に成長。

秋春ともにリードされた場面でリリーフし、キレのあるボールで好投した。

打線が援護できず秋は初戦、春は2回戦で敗れ、公式戦経験こそ少ないが、どこよりも大きな悔しさがある。

春夏合わせ甲子園出場22度の高岡商業に対し、21度を誇る双璧の名門。大本命に対し、ノーシードのダークホース的な立場から逆襲を狙っている。

砺波工業

春の大会準優勝で波に乗る。

エース北野(3年)は技巧派右腕。春2回戦では、キレのある変化球を駆使して富山商業を完封した。

女房役の藤沢(3年)がピンチでマウンドに上がり、7年ぶり2度目の甲子園へ向かってフル回転する。

その他の有力校

長く低迷していた高朋呉羽が春4強入り。勢力図に新風を吹き込んだ両校から夏も目が離せない。

6年ぶり6度目の夏代表を目指す秋4位の新湊も実力は十分ある。

その他、秋8強の高岡一からも目が離せない。

参加48チーム 決勝戦7月27日
昨夏優勝:富山一 昨夏準優勝:富山商業
秋優勝:高岡商業 秋準優勝:富山東
春優勝:高岡商業 春準優勝:砺波工業




 - 高校野球 , ,