2017高校野球和歌山県大会の優勝候補と注目選手

   

和歌山県大会の展望

『強打の智辯和歌山に挑む和歌山商サブマリン宇田』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

智辯和歌山和歌山商業田辺紀北工業の春4強がシード権を獲得した。

しかし、秋の優勝校・和歌山東と準優勝校・高野山が春は揃って初戦敗退。

箕島市立和歌山は好投手を擁し、序盤から波乱が起きてもおかしくない状況。

調整が上手くいったチームが頂点に立つ可能性が高い。



和歌山県大会の注目校

智辯和歌山

春4連覇。戦力はNo1だ。

投手陣は技巧派の北(3年)と直球に力のある黒原(3年)の両左腕が中心。

そして「大事な所では彼に任せる」と高嶋監督が信頼を寄せる右腕・平田(2年)が控える

ファーストから転向して春からマスクをかぶる蔵野(3年)は、プロ野球選手だったOB中谷コーチの指導で成長。

打線は2番・森本(3年)、3番・文元(2年)、4番・蔵野に、春は腰のけがに苦しんだ林(2年)が復帰できれば層が厚くなる。

打撃が光る黒川、ショートとして期待される久保の両1年生にも力がある。

和歌山商業

新人戦、秋と壁だった準決勝を春に突破して準優勝。着実に力を付けてきた。

大黒柱は右下手投げの宇田(3年)。投球フォームや浮き上がる直球は、元・阪急の山田久志投手をほうふつさせる。

春は右腕・高巣(3年)が成長した。

打線は4番・南(3年)が軸。

右肩を痛め春は中盤に捕手から一塁に転向し「打撃に専念できるようになった」と長打を量産し始め得点力は上がっている。

田辺

秋8強、春4強。

エース爰川(ここがわ)は紀南地区N01の呼び声が高い。

179cm・70kgの体から投げ下ろす直球は130キロ台中盤だが、威力がある。

スライダー、カーブ、チェンジアップと変化球の制球力もあり、秋は1次予選2試合連続完封。将来の高い右腕だ。



紀北工業

春はベスト4。

2年生右腕・楠が力を付けてきた。

手元で伸びるストレートが武器で、春の3回戦で7回参考ながらノーヒットノーランを達成した。

打線も1番・山本(2年)、2番・堀(2年)が機動力でかき回す。

その他の有力校

秋ベスト8の箕島はエース中川(3年)が最速147キロのドラフト候補右腕。制球力とメンタル面の課題を克服できれば、一気に主役に躍り出る素質を秘めている。

秋に県初制覇した和歌山東だが、春は初戦敗退。杉本(2年)、野口(3年)の両右腕を中心に巻き返す。

その他に、昨夏代表の市立和歌山や秋3位の高野山からも目が離せない。

参加39チーム 決勝戦7月28日
昨夏優勝:市立和歌山 昨夏準優勝:箕島
秋優勝:和歌山東 秋準優勝:高野山
春優勝:智辯和歌山 春準優勝:和歌山商業




 - 高校野球 , ,