2017高校野球山形県大会の優勝候補と注目選手

   

山形県大会の展望

『打の酒田南、投の鶴岡東、総合力の日大山形』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

秋春連覇の日大山形が戦力的に頭一つ抜けている。

秋準優勝で東北4強の酒田南は打力が互角以上。

昨夏代表の鶴岡東は投手力が高い。

春準優勝の羽黒、同3位の九里学園も勢いに乗る。



山形県大会の注目校

日大山形

1年時から公式戦に出場する鈴木琉生(3年)が1番で春の県打率.467。

3番・沼沢(3年)、4番でキャプテンの舟生大地(3年)、5番・近藤大成(3年)の強打者が続く打線は切れ目がない。

春は準々決勝の鶴岡東戦で3点を追う6回に6番・斎藤(2年)の3ランなどで逆転勝ち。

2点を先制された九里学園との準決勝は1点リードの7回に打者9人の猛攻で5点を挙げ突き放した。

高い集中力で粘りと爆発力を兼ね備える。

1年夏から登板を重ねる2年生左腕・近藤はマウンドさばきと度胸がよく、安定感がある。

春3試合に登板した右腕・森田(3年)が準決勝で3失点完投。

決勝で公式戦初先発した右腕・沼沢拓(3年)も1失点完投。夏への収穫を得た。

県勢最高の4強入りを果たした2013年以来4年ぶりの甲子園に最も近い位置に付けている。

酒田南

秋準優勝で東北4強入りした原動力の強力打線は冬を越えてさらにレベルアップした。

3番・長嶺怜(3年)、4番キャプテンの豊川(3年)は破壊力抜群。

1番・村上(3年)、2番・与木(3年)の出塁率は高い。

春は4-6で敗れた九里学園戦も安打数は上回ったが、7回にも失策や押し出しなどで逆転を許した。

ディフェンス力が上がれば5年ぶりの甲子園へ大きく前進する。



鶴岡東

春は左腕・木村(2年)、昨夏の甲子園で先発した右サイドの小林(3年)を軸に戦い8強。

県2試合はプロ注目の148キロ右腕・吉住晴斗(3年)が登板する試合展開にならなかったが、投手陣の強化は順調で、不安はない。

甲子園経験者の4番・伊賀(3年)が中心の打線を前チームのレベルまで引き上げられるかが、3年連続出場ポイントになりそう。

羽黒

春の庄内地区で酒田南、鶴岡東を連覇して波に乗り、そのまま県大会で準優勝した。

準決勝で145キロを出した2年生右腕・佐藤幸弥や、エース右腕・田中(3年)らが粘り強い投球を見せた。

打線は4番・日下部勇平(3年)に5番・竹内(2年)、昨夏もマスクをかぶった秋保(2年)らがボールに食らい付く。

しぶとい戦いで14年ぶりの甲子園出場を狙う。

その他の有力校

春3位で東北大会出場の九里学園は3番・門脇(3年)、2年生捕手の4番・菊田一颯、エース右腕の5番・斎藤(3年)と打線の軸が固まり、春夏通じて初の甲子園出場に挑む。

他に山形商業山形南山形中央などからも目が離せない。

参加49チーム 決勝戦7月23日
昨夏優勝:鶴岡東 昨夏準優勝:山形中央
秋優勝:日大山形 秋準優勝:酒田南
春優勝:日大山形 春準優勝:羽黒




 - 高校野球 , ,