2017高校野球山口県大会の優勝候補と注目選手

   

山口県大会の展望

『無敗の宇部鴻城リード、徳山商工、長門が追う』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

秋の中国王者でセンバツに出場、秋春連覇で県内無敗の宇部鴻城が優勝候補筆頭。

秋春4強の徳山商工、春準優勝の岩国商業などの公立勢が後を追う。

連覇を狙う高川学園も力は遜色ない。

春に結果を残したシード8校を中心に、秋準優勝の熊毛南、同4位の華陵も代表争いに絡んでくる。



山口県大会の注目校

宇部鴻城

センバツ初戦で優勝した大阪桐蔭に0-11と完敗したことで、選手達がさらなるレベルアップを図った。

プロ注目の4番・嶋谷将平(3年)は春の県序盤は調子を落としていたが、徐々に本来の力強い打撃を取り戻してきた。

3番・百留佑亮(3年)、5番・荒武悠大(3年)は打撃だけでなく、エース早稲田(3年)を加えた左腕トリオとしても期待できる。

6番以降にやや不安を残すため、8番・正木(3年)が打線をつなぐキーマンとなりそうだ。

徳山商工

135キロ前後の真っすぐとスライダーを武器に勝負所で粘れる右オーバースローの吉村(3年)に加え、春4強の原動力となったのが左スリークオーターの高尾(3年)。

左打者に打たれることはほとんどなく、安定感が増した。

長打力が武器の打線は、全方向に打ち分けられる3番・吉積亮介(3年)、パンチ力のある4番・広森(3年)が中心。

秋は準決勝で3-10の7回コールド負けを喫した宇部鴻城に、春は同じ準決勝で2-1から2点を奪われ逆転サヨナラ負け。夏こそ雪辱したい。

長門

昨夏4強、春8強。

県内で代名詞になりつつある強打で頂点を目指す。

首相でトップバッターの吉松(3年)は出塁率が高く、3番の静間(3年)は豪快なスイングながらミート力も高い。

春4番の山根(3年)は長打力が魅力だ。

180cmを超える左腕・宮崎(3年)は球速こそ130キロ台中盤だが、角度があり、制球力が高い。

守備も大崩れしない。

岩国商業

春は準優勝。

アンダースローで130キロ超のストレートを投げ込む柳田祐矢(3年)が主戦。

3番・田中(3年)、4番・松尾龍乃(2年)ら好打者も揃い、春夏連続出場した2013年以来の甲子園を目指す。

その他の有力校

昨夏代表の高川学園は右腕・椋木(3年)がカギ。

厚狭は2、3年生がわずか11人ながら春ベスト8。同じく春8強の西京はエースの大田裕介(3年)が安定している。

昨夏、秋8強の下関国際は、前チームのベンチ入りメンバー12人が残り期待も高まる。

参加60チーム 決勝戦7月28日
昨夏優勝:高川学園 昨夏準優勝:宇部鴻城
秋優勝:宇部鴻城 秋準優勝:熊毛南
春優勝:宇部鴻城 春準優勝:岩国商業




 - 高校野球 , ,