2017高校野球山梨県大会の優勝候補と注目選手

   

山梨県大会の展望

『多彩投手陣&打力上昇、山梨学院V2死角なし』
引用:高校野球 2017年 07 月号 [雑誌]

昨夏から3季連続優勝の山梨学院が最有力。

吉松塁(3年)と宮内大河(3年)の両左腕に、右腕・栗尾勇摩(3年)らの投手力は全国屈指。

覇権奪回を狙う東海大甲府、春準優勝の駿台甲府などの私立勢が追う展開。

春8強でシード校入りした甲府工業、笛吹などの公立勢が意地を見せるか。



山梨県大会の注目校

山梨学院

県内公式戦15連勝中。

吉松塁、宮内大河、栗尾勇摩のドラフト候補3人衆に加え、春サイド右腕・石井(3年)が4試合に先発して負けなし。

全国トップクラスの投手陣は、清峰高校で選抜大会の優勝経験もある吉田監督をして過去最高の投手層と言わしめる。

打力も春は県チーム打率.460、1試合平均10.6得点と急上昇中。

日ハムの元2軍監督・五十嵐信一氏を父に持ち、秋は4番捕手だった五十嵐(3年)が目立たなくなるほどのボトムアップで、2年連続の甲子園出場へ死角はない。

東海大甲府

春の準決勝で山梨学院にまさかの5回コールド負け。

1999年に就任した村中監督にとって初の屈辱。

捕手の亀田主将(3年)は「自分が投手の力を引き出し切れていない」と危機感を募らせる。

中学時代にU15日本代表メンバーだった143キロ右腕・小野寺(2年)、制球力が持ち味の左腕・渡部(2年)を軸に立て直しを図り、リベンジに燃えている。



駿台甲府

春はノーシドから23年ぶり関東大会に出場。

初戦でセンバツ出場校の前橋育英にタイブレイクの延長10回サヨナラ負けを喫したが、エース右腕・杉田が6回4安打無失点、左腕・荘司が3回2/3を1安打1失点2年生コンビが結果を出した。

春の県打率.450の左翼・雨宮(3年)が、3番手右腕として投打に活躍。

関東大会まで7試合中5試合が2点差以内で、3回戦の吉田高校戦は6点差をひっくり返した勝負強さで、春夏通じて初の甲子園出場を目指す。

甲府工業

冬の上半身強化でスイング力を上げた。

春の準々決勝で敗れたものの山梨学院から4番・坂本(2年)の本塁打など5長打を含む11安打を放った。

2006年を最後に遠ざかる甲子園への切符をつかむため、打倒私立に挑む。

その他の有力校

日本航空は9季連続4強入りした春の大会で、準決勝の駿台甲府に敗れはしたが、相手と同じ11安打を放った。

4番・上栗(3年)の前に走者をためれば、大量得点も可能だ。

秋は初戦で日本航空にコールド負けした笛吹が春8強から、夏のシードをつかみ打倒私立に燃える。

参加36チーム 決勝戦7月23日
昨夏優勝:山梨学院 昨夏準優勝:東海大甲府
秋優勝:山梨学院 秋準優勝:市川
春優勝:山梨学院 春準優勝:駿台甲府




 - 高校野球 , ,