【甲子園2017】二松学舎野大付野球部ベンチ入りメンバーと注目選手

   

第99回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)に東東京代表として出場する二松学舎大付

昨年までは、巨人に入った本格派左腕・大江竜聖や明治大学に進んだ捕手の今村大輝など3年前に夏の甲子園に初出場したときの主力が残っていた。

そのため、今年の3年生は「谷間の世代」とも言われ、悔しさを味わってきたが、今までの努力の成果が見事この夏に開花し3年ぶり2回目の甲子園出場を果たした。

そんな二松学舎大付のベンチ入りメンバーを紹介したいと思います。



二松学舎大付ベンチ入りメンバー

市原 勝人監督(52)

1982年の選抜大会で二松学舎大付が準優勝したときのエース。日大、NTT信越を経て、1996年から母校・二松学舎大付で指揮を執る。

背番号.名前/身長・体重
学年/ポジション/出身中学

1.市川 睦/182cm・78kg
3年/ピッチャー/旭丘中学(東京)

2.松江 京主将/174cm・84kg
3年/キャッチャー/泉南中学(東京)

3.秋広 涼太/184cm・88kg
3年/ファースト/宮本中学(千葉)

4.堀川 尚希/172cm・74kg
2年/セカンド/早渕中学(神奈川)

5.平間 陸斗/176cm・75kg
2年/サード/杉森中学(東京)

6.永野 志弥/170cm・71kg
3年/ショート/取手第一中学(茨城)

7.永井 敦士/178cm・91kg
3年/レフト/花栗中学(埼玉)

8.鳥羽 晃平/168cm・75kg
3年/センター/篠ノ井東中学(長野)

9.畠山 大豪/177cm・79kg
2年/ライト/練馬・中村中学(東京)

10.佐藤 巽/174cm・71kg
3年/牛込第一中学(東京)

11.田中 慧/174cm・66kg
3年/ピッチャー/大津ヶ丘中学(千葉)

12.保住 海斗/169cm・70kg
3年/浜須賀中学(神奈川)

13.張本 盛雄/177cm・68kg
2年/八千代中学(千葉)

14.遠藤 聖生/184cm・95kg
3年/芝川中学(静岡)

15.市原 快/170cm・61kg
2年/飯島中学(神奈川)

16.中村 一輝/172cm・74kg
3年/豊四季中学(千葉)

17.右田 稜真/180cm・76kg
1年/習志野第五中学(千葉)

18.海老原 凪/175cm・63kg
1年/ピッチャー/滝の沢中学(神奈川)

部員数:66人

学校所在地:東京都千代田区九段南2-1-32


チームの特徴

投手陣

春以降、エースの市川睦が急成長した。食事やウェートトレーニングで肉体改造に着手し、体重を8キロ増やした。そのお陰で球速が5キロ以上アップし140キロ台に乗せた。

予選で35イニングを投げて奪三振は40。変化球でかわす投球から、力で勝負できる投手になった。

打撃陣

東東京大会のチーム打率.435・ホームラン4本・16盗塁

チーム打率.435の強力打線。上位から下位までまんべんなく打ち、機動力も生かして相手にプレッシャーをかけて行く。

東東京大会では、特に3番を打つ平間陸斗と5番を打つ畠山大豪の調子が良かった。

一方で4番の永井敦士の調子があまり良くなく、三振も目立った。甲子園での復調が待たれる。


 - 高校野球 , ,