【2017】大阪桐蔭野球部ベンチ入りメンバーの紹介|出身中学や注目選手について

      2017/08/04

春の選抜大会で、ライバル履正社高校との大阪対決を制して2012年以来、2度目の選抜優勝を果たした大阪桐蔭。

第99回(2017年)夏の選手権大会では2014年に続く5回目の優勝と、藤浪晋太郎(阪神)森友哉(西武)を擁して成し遂げた2012年以来の春夏連覇を目指します。

そんな大阪桐蔭高校ベンチ入りメンバーの出身中学や出身チーム、注目選手などについて調べました。



ベンチ入りメンバー

2017夏の選手権大会メンバー

監督:西谷 浩一(にしたに こういち)(47)

背番号.名前
学年/ポジション/出身中学/前所属チーム

1.徳山 壮磨(とくやま そうま)
3年/ピッチャー/高丘中学(兵庫)/兵庫夢前クラブ

2.福井 章吾(ふくい しょうご)主将
3年/キャッチャー/豊中五中(大阪)/箕面ボーイズ

3.中川 卓也(なかがわ たくや)
2年/ファースト/長吉中学(大阪)/大阪福島シニア

4.坂之下 晴人(さかのした はると)
3年/セカンド/港中学(大阪)/大正シニア

5.山田 健太(やまだ けんた)
2年/サード/千代田中学(愛知)/東海ボーイズ

6.泉口 友汰(いずぐち ゆうた)
3年/ショート/河南中学(和歌山)/和歌山日高ボーイズ

7.山本ダンテ武蔵(やまもとダンテむさし)
3年/レフト/三高中学(広島)/瀬戸内シニア

8.藤原 恭大(ふじわら きょうた)
2年/センター/豊中五中(大阪)/枚方ボーイズ

9.岩本 久重(いわもと ひさしげ)
3年/キャッチャー/北大路中学(滋賀)/大津北シニア

10.根尾 昂(ねお あきら)
2年/ライト/古川中学(岐阜)/飛騨高山ボーイズ

11.柿木 蓮
3年/ピッチャー/中央中学(佐賀)/佐賀東松ボーイズ

12.西島 一波(にしじま いっぺい)
3年/キャッチャー/下里中学(和歌山)/和歌山南紀ボーイズ

13.加藤 大貴(かとう だいき)
3年/内野手/潮南中学(三重)/海山シニア

14.宮崎 仁斗(みやざき じんと)
2年/外野手/式下中学(奈良)/志貴ボーイズ

15.香川 麗爾(かがわ れいじ)
3年/ピッチャー/北井上中学(徳島)/神戸中央シニア

16.横川 凱(よこがわ がい)
2年/ピッチャー/大東中学(滋賀)/湖北ボーイズ

17.小林 大介(こばやし だいすけ)
3年/内野手/登美ヶ丘中学(奈良)/志貴ボーイズ

18.東本 直樹(ひがしもと なおき)
3年/キャッチャー/緑中学(大阪)/生駒ボーイズ

2017春の選抜大会メンバー

2016年秋の大阪大会3位、近畿大会ベスト4で第89回選抜高校野球大会に3年連続9回目の出場

選抜大会では2012年以来、2回目の優勝!

監督:西谷 浩一(にしたに こういち)(47)

背番号.名前
学年/ポジション/出身中学/前所属チーム

1.徳山 壮磨(とくやま そうま)
3年/ピッチャー/高丘中学(兵庫)/兵庫夢前クラブ

2.柿木 蓮
3年/ピッチャー/中央中学(佐賀)/佐賀東松ボーイズ

3.福井 章吾(ふくい しょうご)主将
3年/キャッチャー/豊中五中(大阪)/箕面ボーイズ

4.坂之下 晴人(さかのした はると)
3年/セカンド/港中学(大阪)/大正シニア

5.中川 卓也(なかがわ たくや)
2年/ファースト/長吉中学(大阪)/大阪福島シニア

6.泉口 友汰(いずぐち ゆうた)
3年/内野手/河南中学(和歌山)/和歌山日高ボーイズ

7.根尾 昂(ねお あきら)
2年/ショート/古川中学(岐阜)/飛騨高山ボーイズ

8.藤原 恭大(ふじわら きょうた)
2年/センター/豊中五中(大阪)/枚方ボーイズ

9.山本ダンテ武蔵(やまもとダンテむさし)
3年/ライト/三高中学(広島)/瀬戸内シニア

10.香川 麗爾(かがわ れいじ)
3年/ピッチャー/北井上中学(徳島)/神戸中央シニア

11.横川 凱(よこがわ がい)
2年/ピッチャー/大東中学(滋賀)/湖北ボーイズ

12.宮崎 仁斗(みやざき じんと)
2年/レフト/式下中学(奈良)/志貴ボーイズ

13.山田 健太(やまだ けんた)
2年/サード/千代田中学(愛知)/東海ボーイズ

14.加藤 大貴(かとう だいき)
3年/内野手/潮南中学(三重)/海山シニア

15.井上 大輔(いのうえ だいすけ)
3年/ピッチャー/養老東部中学(岐阜)/尾張ボーイズ

16.坂本 義生(さかもと よしき)
3年/外野手/曙川南(大阪)/八尾中央ボーイズ

17.小林 大介(こばやし だいすけ)
3年/内野手/登美ヶ丘中学(奈良)/志貴ボーイズ

18.西島 一波(にしじま いっぺい)
3年/キャッチャー/下里中学(和歌山)/和歌山南紀ボーイズ



注目選手

徳山 壮磨

(3年)投手・身長183cm・体重72kg・右投げ右打ち

今年の大阪桐蔭はストレートが140キロを超えるピッチャーが4人もいます。その中でエースナンバーを背負うのが徳山選手です。

ストレートの最速は145キロ。変化球はカーブ、フォーク、スライダーを投げます。

テンポが良く制球力もあり、安定感抜群です。

山本ダンテ武蔵

(3年)外野手・身長174cm・体重74kg・右投げ右打ち

アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフの山本ダンテ武蔵選手。その身体能力の高さからオコエ2世との呼び声高い選手です。

50mのタイムは6秒1で、その俊足を活かしたオコエばりの華麗なプレーに注目が集まります。

しかし、選手層の厚い大阪桐蔭では昨年まではベンチにも入れていませんでした。

ですが、新チームになってからの昨秋の成績は、安打数、打点、二塁打共にチームトップの成績を叩き出し、クリーンナップを任されるまでに成長しました。

伸びしろはまだまだあるので、選抜でも想像を超えたプレーを連発してくれそうです。

根尾 昂

(2年)外野手・身長177cm・体重75kg・右投げ左打ち

投手も内野手も外野手もこなす、超高校級の二刀流選手です。

身体能力が高く、中学時代は陸上やスキーも取り組んでいました。特にスキーは中学2年時に全国大会で優勝し、世界大会にも出場しています。

大阪桐蔭では1年夏からベンチ入り、昨秋は近畿大会の準々決勝から四番に座り、練習試合も含めてチーム最多の6本のホームランを放っています。

投げては、チーム最速の146キロのストレートが魅力です。

公式戦の成績

選抜大会前の成績

【秋季大阪府大会】3位

2回戦 vs和泉 14-1【勝】
3回戦 vs関大北陽 12-1【勝】
4回戦 vs大阪偕星学園 3-2【勝】
5回戦 vs汎愛 8-1【勝】
準々決勝 vs北野 7-0【勝】
準決勝 vs履正社 4-7【負】
3位決定戦 vs初芝立命館 12-5【勝】

【秋季近畿大会】ベスト4

1回戦 vs龍谷大平安 7-0【勝】
準々決勝 vs智辯学園 6-4【勝】
準決勝 vs神戸国際大付 3-5【負】

新チームになってからの公式戦の成績は8勝2敗です。

公式戦10試合で総得点が76点で、総失点が26点です。1試合平均にすると得点が7.6点、失点が2.6点となっています。

秋からの練習試合も含めた42試合で、ヒットを最も放っているのは三番の山本ダンテ武蔵選手の58安打、打点も山本ダンテ武蔵選手が51打点と最多です。

ホームランは近畿大会準々決勝から四番に座る根尾 昂選手の6本がチームトップです。

選抜大会以降の成績

【選抜甲子園大会】優勝

1回戦 vs宇部鴻城 11-0【勝】
2回戦 vs静岡 11-8【勝】
準々決勝 vs東海大福岡 4-2【勝】
準決勝 vs秀岳館 2-1【勝】
決勝 vs履正社 8-3【勝】

【春季大阪府大会】優勝

1回戦 vs八尾翠翔 10-1【勝】
2回戦 vs大阪園芸 21-0【勝】
3回戦 vs東淀川 11-0【勝】
4回戦 vs関大北陽 7-6【勝】
5回戦 vs大阪偕星学園 11-6【勝】
準々決勝 vs上宮 2-0【勝】
準決勝 vs東海大仰星 6-2【勝】
決勝 vs大体大浪商 5-3【勝】

【春季近畿大会】優勝

1回戦 vs智辯和歌山 6-3【勝】
準決勝 vs彦根東 4-3【勝】
決勝 vs東海大仰星 18-0【勝】

【夏季大阪府大会】優勝

1回戦 vs大手前 13-1【勝】
2回戦 vs千里 14-1【勝】
3回戦 vs渋谷 6-1【勝】
4回戦 vs同志社香里 5-0【勝】
5回戦 vs金光大阪 6-0【勝】
準々決勝 vs興国 15-9【勝】
準決勝 vs履正社 8-4【勝】
決勝 vs大冠 10-8【勝】

大阪桐蔭の生徒数や偏差値は?

◆大阪桐蔭<私立>

私立の中高一貫校です。1・2・3類と三つのコースに分かれていて1類は東大や京大などを目指す子が在籍し、3類はスポーツに特化した子が在籍しています。

【所在地】大阪府大東市中垣内3-1-1
【創立】1983年
【生徒数】男子1333人女子898人合計2231人(2017年2月現在)
【偏差値】41~69
【卒業生】岡副麻希(フリーアナウンサー)
【野球部創部】1983年
【甲子園春夏通算成績】45勝11敗
【部員数】43人(2017年2月現在)
【主なOB】中村剛也、浅村栄斗、森友哉(西武)、平田良介(中日)、西岡剛、岩田稔、藤浪晋太郎(阪神)、中田翔、高山優希(日ハム)




 - 高校野球 , ,