プロ野球2017戦力外通告・退団選手まとめ

      2017/11/23

2017年のプロ野球は福岡ソフトバンクホークスの日本シリーズ優勝で幕を閉じたばかりですが、早くも各球団は2018年に向けて戦力の整備を進めています。

戦力の整備と言うと、ドラフトやFA、トレードなどの戦力アップについつい目が行きがちですが、どこの球団も新たな戦力を揃えるためには余剰戦力の整理がまず必須です。

その整理が戦力外通告自由契約です。

そこで、2017年シーズンオフの戦力外通告や自由契約選手をまとめてみました。

顔ぶれを見ていると、2018年の各球団の方向性や補強ポイントなどもなんとなく見えてきます。



ソフトバンクホークス

〇斐紹捕手/山下斐紹(やました あやつぐ)(25)△楽天西田とトレード

〇松坂大輔投手(37)△退団→現役続行希望

〇大隣憲司投手(29)△構想外→現役続行希望→12球団合同トライアウト受験

〇山田大樹投手(29)△構想外→ヤクルトへ無償トレード

〇島袋洋奨投手(25)△構想外→育成での再契約検討

〇吉本祥二投手(24)※育成△戦力外→未定

〇伊藤大智郎投手(24)※育成△戦力外→未定

〇星野大地投手(24)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇坂田将人投手※育成(24)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇東方伸友投手※育成(22)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇柿木映二投手※育成(20)△戦力外→現役続行希望

〇カイル・ジェンセン内野手(29)△退団

ソフトバンクでは、松坂大輔投手の動向が気になります。MLB再挑戦や独立リーグでのプレーなど色々な話が出ています。かつて球界を代表したスーパースターなだけに、もう一度マウンドで輝く姿を見たいです。

大隣憲司投手は合同トライアウトで被安打1、奪三振2とまずまずのピッチングを見せてくれました。興味を示す球団もありそうです。

広島カープ

〇ブレイディン・ヘーゲンズ投手(28)△退団

〇ライアン・ブレイシア投手(30)△退団

〇ラミロ・ペーニャ内野手(32)△退団

〇今井啓介投手(30)△戦力外→現役引退の意向

〇小野淳平投手(30)△戦力外→未定

〇多田大輔捕手(21)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇松浦耕大捕手(24)※育成△戦力外→未定

〇梵英心内野手(36)△自由契約→他球団でのプレー希望

〇江草仁貴投手(37)△現役引退

〇中村亘佑捕手(26)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

広島は夏の甲子園で1大会での本塁打記録を作った中村奨成捕手(広陵)をドラフト1位で指名。そのあおりか、若手捕手3人を戦力外にしました。

西武ライオンズ

〇田代将太郎外野手(27)△戦力外→12球団合同トライアウト受験→ヤクルト入団

〇大崎雄太朗外野手(32)△戦力外→引退

〇渡辺直人内野手(36)△戦力外→未定

〇上本達之捕手(36)△戦力外→ブルペン捕手

〇木村昇吾内野手(37)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇鬼崎裕司内野手(34)△戦力外→2軍育成コーチに就任

〇岩尾利弘投手(30)△戦力外→未定

〇佐藤勇投手(23)△戦力外→未定

〇フランク・ガルセス投手(27)△戦力外

〇スティーブン・ファイフ投手(31)△戦力外

〇ブライアン・シュリッター投手(31)△戦力外

12球団合同トライアウトを受験した田代将太郎外野手はその俊足と強肩が評価されヤクルトに入団が決まりました。

阪神タイガース

〇高宮和也投手(35)△戦力外

〇安藤優也投手(39)△現役引退→2軍育成コーチ就任

〇狩野恵輔外野手(34)△現役引退

〇新井良太内野手(34)△現役引退→2軍育成コーチ就任

〇柳瀬明宏投手(34)△戦力外

〇田面巧二郎投手(26)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

一時期投打の中心選手として活躍していた安藤優也投手と新井良太選手が現役引退。

楽天ゴールデンイーグルス

〇西田哲朗内野手(26)△ソフトバンク斐紹とトレード

〇松井稼頭央外野手(42)△退団→古巣西武へ復帰

〇武藤好貴投手(30)△戦力外→未定

〇大塚尚仁投手(22)△戦力外→未定

〇久保裕也投手(37)△戦力外→育成契約

〇宮川将投手(26)△戦力外→育成契約

〇片山博視投手※育成(30)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇伊東亮大内野手※育成(28)△戦力外→未定

〇金刃憲人投手(33)△戦力外

〇石橋良太投手(26)△戦力外→育成契約

〇入野貴大投手(28)△戦力外→育成契約

〇小関翔太捕手(26)△戦力外

〇阿部俊人内野手(28)△戦力外

〇中川大志内野手(27)△戦力外→DeNAと契約

〇福田将儀外野手(25)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇北川倫太郎外野手※育成(24)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

巨人・DeNA・楽天で活躍してきた久保裕也投手は37歳という年齢ながら育成契約を結ぶことになりました。

2002年自由獲得枠で巨人に入団し先発や中継ぎクローザーで活躍、その後DeNA、楽天でもチームにとって貴重な存在だった投手が育成契約というのには驚きましたが、9月中旬に判明した右手の故障の治療に専念するためらしいです。ベテラン選手の育成からの再起にぜひ期待しましょう!

DeNAベイスターズ

〇アウディ・シリアコ内野手(30)△退団

〇フィル・クライン投手(28)△退団

〇エリアン・エレラ内野手(32)△退団

〇高崎健太郎投手(32)△現役引退

〇大原慎司投手(32)△現役引退

〇下園辰哉外野手(31)△戦力外→現役引退

〇小杉陽太投手(31)△戦力外→現役引退

〇小林寛投手(28)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇林昌範投手(34)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇久保康友投手(37)△戦力外→他球団でのプレー希望

〇柿田裕太投手(25)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇山崎憲晴内野手(30)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇松本啓二朗外野手(31)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇水野滉也投手(23)△戦力外→育成契約

チームがDeNAベイスターズとなり初球を投じたのが高崎健太郎投手でした。一時期はエース候補として期待されていました。

オリックス・バファローズ

〇佐野皓大投手(21)△戦力外

〇高木伴投手(27)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇八木亮祐投手(27)△戦力外

〇塚田貴之投手(24)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇角屋龍太投手※育成(26)△戦力外

〇赤松幸輔捕手※育成(25)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇中道勝士捕手(23)△戦力外

〇川端崇義外野手(32)△戦力外→引退→育成コーチ就任

〇岩崎恭平内野手(31)△戦力外→現役続行希望

オリックスが大阪市内の合宿所で、戦力外の3選手を発表した。川端崇義外野手(32)岩崎恭平内野手(31)佐野皓大投手(21)の3人が戦力外となった。
入団1年目の12年5月22日阪神戦でプロ1号満塁弾を放つなどの活躍を残した川端に対しては、球団は実績や普段の練習態度などを高く評価しており、来季の育成コーチ就任を要請する見込み。




巨人

〇実松一成捕手(36)△戦力外

〇片岡治大内野手(34)△現役引退→2軍内野守備走塁コーチ就任

〇松本哲也外野手(33)△現役引退→3軍外野総合コーチ就任

〇藤村大介内野手(28)△戦力外→現役引退→球団職員に

〇北篤外野手(28)△戦力外

〇江柄子裕樹投手(30)△戦力外

〇乾真大投手(28)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇長谷川潤投手(26)△戦力外

〇鬼屋敷正人捕手(26)△現役引退

〇相川亮二捕手(41)△現役引退

〇村田修一内野手(36)△自由契約

〇堂上剛裕外野手(36)△戦力外→現役引退

〇土田瑞起投手※育成(27)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇大竹秀義投手※育成(29)△戦力外

〇矢島陽平投手※育成(27)△戦力外

〇川相拓也内野手※育成(26)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇高橋洸外野手※育成(24)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇坂口真規内野手※育成(27)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇巽大介投手(20)△自由契約→育成での再契約打診へ

〇松崎啄也捕手(25)△自由契約→12球団合同トライアウト受験

巨人はベテラン選手や若手育成を中心に、かなり多くの選手と来季の契約を結びません。

中でも自由契約となった村田修一選手がどこの球団に行くのか注目です。

日本ハムファイターズ

〇大谷翔平投手(23)△ポスティングシステムで米大リーグ移籍へ

〇クリス・マーティン投手(31)△退団

〇ヤディル・ドレイク外野手(27)△退団

〇榎下陽大投手(29)△戦力外

〇瀬川隼郎投手(30)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇宇佐美塁大外野手(22)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇武田久投手(38)△退団→他球団でのプレー希望

〇飯山裕志内野手(38)△現役引退→2軍内野守備コーチ

3度のセーブ王に輝いた日本ハムの武田久投手(38)が今季限りで退団することが12日、確実になった。関係者によると球団側からはこれまでの功績をたたえた上で引退を勧められたが、現役続行の意思が固く他球団でのプレーを目指す見通し。

中日ドラゴンズ

〇赤田龍一郎捕手(29)△戦力外→現役引退→球団スタッフ

〇金子丈投手(24)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇岸本淳希投手(21)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇野村亮介投手(24)△戦力外→→12球団合同トライアウト受験

〇八木智哉投手(33)△戦力外→現役引退

〇岩崎達郎内野手(32)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇武藤祐太投手(28)△戦力外→12球団合同トライアウト欠席→DeNAと契約

〇赤坂和幸外野手(28)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇古本武尊外野手(26)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

中日を戦力外となった八木智哉投手(34)が現役引退することが14日、分かった。今日15日のトライアウトには不参加。
球団幹部は「彼は功労者だから」と話し、スタッフとして球団に残るとみられる。05年希望枠で日本ハムに入団し、プロ1年目に12勝を挙げ新人王に輝いた。

千葉ロッテマリーンズ

〇古谷拓哉投手(36)△戦力外→未定

〇金森敬之投手(32)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇黒沢翔太投手(29)△戦力外→未定

〇信楽晃史投手(25)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇田中英祐投手(25)△戦力外→三井物産内定

〇寺嶋寛大捕手(24)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇猪本健太郎内野手(26)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇柴田講平外野手(31)△戦力外→現役引退→阪神職員に

〇脇本直人外野手(21)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇菅原祥太外野手※育成(24)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇井口資仁内野手(42)△現役引退→ロッテ監督

ロッテ田中英祐投手(25)が3日、さいたま市内の選手寮で、球団から来季契約を結ばない旨を通告された。14年ドラフト2位で入団。京大初のプロ野球選手として注目された。1年目の15年4月29日西武戦に先発で1軍デビュー。だが、3回6安打5失点と打ち込まれ、2試合で降格。再昇格はかなわないまま、戦力外となった。

ヤクルトスワローズ

〇飯原誉士外野手(34)△戦力外→12球団合同トライアウト欠席

〇今浪隆博内野手(33)△戦力外→現役引退

〇竹下真吾投手(26)△戦力外

〇原泉外野手(25)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇日隈ジュリアス投手(20)△戦力外→育成契約の見込み

〇中島彰吾投手(25)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇徳山武陽投手(28)△戦力外→球団広報部職員

〇星野雄大捕手(28)→戦力外

〇榎本葵外野手(25)△戦力外→12球団合同トライアウト受験

〇土肥寛昌投手(26)△戦力外→現役引退

〇新田玄気捕手※育成(35)→戦力外

ヤクルトは3日、東京都内の球団事務所で計9選手に対して、来季は契約を結ばないことを通告した。球団は飯原に対して引退しての残留を打診したが、本人は退団して現役を続行する意向。







 - プロ野球