2017夏の甲子園(第99回全国高校野球選手権)の日程と出場校をチェック!

      2017/08/29

今年も『球児達の熱い夏』、全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)が、いよいよ近づいて来ました!

今年の夏の高校野球は、何と!歴史を重ねること99回目

来年は100回目を迎えるので、今年はある意味で一つ区切りの大会と言えるでしょう。

そして今大会には、プロのスカウトがマークする”あの注目選手”や、強豪・古豪・初出場問わず、個性あふれる高校が多数出場します。

という事で今回は、話題豊富な第99回全国高校野球選手権大会をより楽しむために、大会日程と出場校をまとめました。

2017夏の甲子園を楽しむための予備知識としてチェックしておきましょう。



まずは日程をチェック!

※台風5号の影響により開会式及び、その後の日程が1日ずつ順延になりました。(追記.8月6日)

※悪天候のため、8月15日は試合中止。翌日以降に順延となり以降の日程も順延になりました。(追記.8月15日)

今回の第99回大会は8月7日(月)8月8日(火)に開幕し、15日間(雨天順延、準々決勝翌日の休養日1日を含む。)行われます。

抽選会8月4日(金)の16時からです。

開会式は?

開会式は1日目、8月7日(月)8月8日(火)の9時から行われます。

1日目は開会式の後、3試合が組まれていますが、基本的には1日4試合ずつ行います。そして1日4試合の場合、第1試合の開始時間は8時です。

尚、8月11日(金)と8月15日(火)8月12日(土)と8月16日(水)8月17日(木)は3試合しか行われないので、第1試合の開始時間がいつもより少し遅く、9時30分プレイボールです。

気になる準々決勝以降の日程

トーナメント方式の高校野球で、最も面白いとされる準々決勝は8月18日(金)8月19日(土)8月20日(日)を予定しています。

翌8月21日(月)は選手の体調を考慮して休養日に充てられています。

8月20日(日)8月21日(月)8月22日(火)が準決勝で第1試合は10時開始、第2試合は12時30分開始の予定です。

そして、全国の頂点を懸けて行われる決勝戦は8月21日(月)8月22日(火)8月23日(水)の14時プレーボールです!!

◎甲子園入場券・チケットの値段や座席、購入方法を紹介!



出場校をチェック!

49代表校が出揃いました。

■北海道
<北北海道>滝川西(19年ぶり3回目)
<南北海道>北海(3年連続38回目)

■東北
<青森>青森山田(8年ぶり11回目)
<岩手>盛岡大付(2年連続10回目)
<秋田>明桜(8年ぶり9回目)
<山形>日大山形(4年ぶり17回目)
<宮城>仙台育英(2年ぶり26回目)
<福島>聖光学院(11年連続14回目)

■関東
<茨城>土浦日大(31年ぶり3回目)
<栃木>作新学院(7年連続13回目)
<群馬>前橋育英(2年連続3回目)
<埼玉>花咲徳栄(3年連続5回目)
<千葉>木更津総合(2年連続6回目)
<神奈川>横浜(2年連続17回目)
<山梨>山梨学院(2年連続7回目)

■東京
<東東京>二松学舎大付(3年ぶり2回目)
<西東京>東海大菅生(17年ぶり3回目)

■東海
<静岡>藤枝明誠(初出場)
<愛知>中京大中京(2年ぶり28回目)
<岐阜>大垣日大(3年ぶり4回目)
<三重>津田学園(初出場)

■北信越
<長野>松商学園(9年ぶり36回目)
<新潟>日本文理(3年ぶり9回目)
<富山>高岡商業(2年ぶり18回目)
<石川>日本航空石川(8年ぶり2回目)
<福井>坂井(初出場)

■近畿
<滋賀>彦根東(4年ぶり2回目)
<京都>京都成章(19年ぶり3回目)
<大阪>大阪桐蔭(3年ぶり9回目)
<兵庫>神戸国際大付(3年ぶり2回目)
<奈良>天理(2年ぶり28回目)
<和歌山>智辯和歌山(2年ぶり22回目)

■中国
<岡山>おかやま山陽(初出場)
<広島>広陵(3年ぶり22回目)
<鳥取>米子松蔭(17年ぶり3回目)
<島根>開星(3年ぶり10回目)
<山口>下関国際(初出場)

■四国
<香川>三本松(24年ぶり3回目)
<徳島>鳴門渦潮(9年ぶり7回目)
<愛媛>済美(4年ぶり5回目)
<高知>明徳義塾(8年連続19回目)

■九州
<福岡>東筑(21年ぶり6回目)
<佐賀>早稲田佐賀(初出場)
<長崎>波佐見(16年ぶり3回目)
<熊本>秀岳館(2年連続3回目)
<大分>明豊(2年ぶり6回目)
<宮崎>聖心ウルスラ(12年ぶり2回目)
<鹿児島>神村学園(5年ぶり4回目)
<沖縄>興南(2年ぶり11回目)



 - 高校野球 ,