【2017】至学館野球部ベンチ入りメンバーの紹介|出身中学や注目選手について

      2017/05/09

第89回(2017年)選抜高校野球大会に初出場する愛知の至学館を紹介します。

「神ってる!!」

秋の至学館は正にそんな言葉がぴったりくる戦いぶりでした。

強豪校ひしめく愛知県大会において、昨秋の至学館は「愛工大名電」「東邦」「享栄」という強豪チームをすべてサヨナラで破り、愛知県3位に輝きました。

そして、続く東海大会でも準決勝の中京大中京(岐阜)戦の9回2アウトランナー無しから逆転サヨナラで初めてのセンバツ切符を勝ち取りました。


そんな至学館ベンチ入りメンバーの出身中学や中学時代の所属チーム、注目の選手を調べました。


至学館ベンチ入りメンバー

麻王 義之(あさお よしゆき)監督(53)
中京(現・中京大中京)から中京大で外野手としてプレー。
花咲徳栄(埼玉)や明秀日立(茨城)でコーチや監督を務め、至学館では06年5月の野球部創部と同時に監督に就任。

背番号.名前/身長・体重
学年/ポジション/出身中学/中学所属チーム

1.新美 涼介(にいみ りょうすけ)/170cm・66kg
3年/ピッチャー/乙川中学(愛知)/知多東浦シニア

2.井口 敦太(いぐち あつひろ)/180cm・86kg
3年/キャッチャー/竜神中学(愛知)

3.吉見 伸也(よしみ しんや)/170cm・60kg
3年/ファースト/東海中学(愛知)/岡崎OBBC

4.藤原 大介(ふじわら だいすけ)/163cm・55kg
3年/セカンド/松坂東部中学(三重)/伊勢志摩ボーイズ

5.鎌倉 裕人(かまくら ひろと)/173cm・69kg
3年/サード/竜神中学(愛知)

6.木村 公紀(きむら こうき)主将
175cm・70kg/3年/ショート/名古屋北中学(愛知)
REX名古屋

7.三浦 信平(みうら しんぺい)/175cm・70kg
3年/レフト/日比野中学(愛知)

8.藤原 連太郎(ふじわら れんたろう)176cm・70kg
3年/センター/加木屋中学(愛知)/愛知知多ボーイズ

9.定塚 智輝(じょうづか ともき)/166cm・54kg
3年/ライト/山田中学(愛知)/名古屋富士ボーイズ

10.川口 龍一(かわぐち りょういち)/173cm・67kg
3年/ピッチャー/矢田中学(愛知)/東山クラブ

11.橋詰 拓(はしづめ たく)/172cm・59kg
3年/ピッチャー/大森中学(愛知)

12.鈴木 俊介(すずき しゅんすけ)/180cm・70kg
2年/キャッチャー/神丘中学(愛知)/愛知瀬戸ボーイズ

13.岩井 基起(いわい もとき)/174cm・70kg
3年/キャッチャー/稲沢中学(愛知)/愛知北シニア

14.中根 健太(なかね けんた)/166cm・60kg
2年/内野手/竜海中学(愛知)/岡崎中央ボーイズ

15.花岡 健太(はなおか けんた)/173cm・63kg
3年/内野手/江南北部中学(愛知)/愛知北シニア

16.清水 唯人(しみず ゆいと)/171cm・64kg
2年/外野手/左京山中学(愛知)/知多東浦シニア

17.脇 直矢(わき なおや)/171cm・78kg
3年/ピッチャー/矢作北中学(愛知)/岡崎葵ボーイズ

18.大谷 康稀(おおたに こうき)/173cm・65kg
3年/外野手/葵中学(愛知)/岡崎中央ボーイズ

注目選手

◆藤原 連太郎(3年)センター
身長176cm 体重70kg 右投げ右打ち

至学館高校「打」の中心選手。
打順は2番に入り、シュアなバッテイングと50m5秒9の俊足でチャンスメイク。更には勝負強さとパンチ力も兼ね備え二塁打、三塁打、そしてホームランまでチームNo1の成績を誇る。




公式戦の成績

【名古屋地区1次予選Eブロック】

vs高蔵寺 5-4【勝】
vs瑞陵 10-1【勝】
vs昭和 10-1【勝】
vs春日井西 24-0【勝】

【名古屋地区2次予選】

1回戦 vs愛工大名電 5-3【勝】
2回戦 vs東邦 3-4【負】

【秋季愛知県大会】3位

1回戦 vs愛工大名電 5-4【勝】
2回戦 vs半田工業 7-1【勝】
3回戦 vs中部大春日丘 1-0【勝】
準々決勝 vs東邦 8-7【勝】
準決勝 vs桜丘 0-2【負】
3位決定戦 vs享栄 3-2【勝】

【秋季東海大会】準優勝

1回戦 vs菰野 9-0【勝】
準々決勝 vs多治見 2-1【勝】
準決勝 vs中京大中京 4-3【勝】
決勝 vs静岡 1-5【負】

新チームになってからの公式戦の成績は12勝3敗です。

公式戦15試合で総得点が97点、総失点が38点です。1試合平均にすると得点が6.5点、失点が2.5点となっています。

秋は練習試合も含めて全部で68試合を行い、成績は59勝6敗3分けでした。

秋のチーム内成績を見ると、藤原連太郎選手が100安打、ホームラン6本、盗塁37個でこの3部門でトップでした。

打点は59打点で鎌倉裕人選手がトップの成績です。

至学館の生徒数や偏差値について

女子レスリングの吉田沙保里が副学長を務める至学館大学の附属高校です。2004年までは中京女子大学附属高校という校名でしたが、2005年に共学化に伴い至学館に校名変更されました。卒業生には伊調馨や登坂絵莉など女子レスリングオリンピック金メダリストが多数います。

2005年の共学化・校名変更時から採用されている校歌『夢追人』は校歌としては珍しくフォークソング調の旋律で、2011年夏の甲子園に初出場した際、大きな話題となりました。

【所在地】愛知県名古屋市東区大幸南2-1-10
【創立】1905年
【生徒数】男子539人、女子894人、合計1433人(2017年2月現在)
【偏差値】44~54
【野球部創部】2006年
【甲子園春夏通算成績】1敗
【部員数】73人(2017年2月現在)

~この記事はこちらの書籍を参考にしています~




 - 高校野球 , , ,