【2017】春季高校野球九州大会の日程・組み合わせ・結果速報

      2017/04/29

第89回春の選抜大会は大阪桐蔭の優勝で幕を閉じましたが、高校野球では早くも夏に向けた戦いが始まっています。

各都道府県では夏の予選のシード権を賭けた春季大会が開催されていますが、一足早く九州地区では各県の代表校が決まり、更に選抜大会に出場した福岡大大濠・東海大福岡・秀岳館・熊本工業の4校を加えた18校で「第140回春季九州地区高等学校野球大会」が開催されます。




今年の九州地区から目が離せない

今年の九州勢は強い!

春の選抜では、そんな印象を残した九州勢の見事な戦いぶりでした。

なんと言っても九州から出場した4校のうち3校がベスト8に残ったのは立派です。

しかも、福岡大大濠は滋賀学園との『延長15回引き分け再試合を制してベスト8!』

東海大福岡は『優勝候補の早稲田実業を破りベスト8!』

更に、秀岳館は『3季連続の甲子園ベスト4』と、どのチームも甲子園に強烈な印象を残しました。

そんな強豪校が夏を見据えながらひしめき合う九州大会は、春と言えども、目が離せません!!

大会日程と開催球場

2017年春季九州大会は4月22日(土)~4月27日(木)の日程で沖縄県を会場に開催されます。

大会会場は「沖縄セルラースタジアム那覇」と「コザしんきんスタジアム」です。

組み合わせと結果


◆出場校
【推薦】
秀岳館(熊本)・福岡大大濠(福岡)・東海大福岡(福岡)・熊本工業(熊本)
【福岡】
九産大九州(1位)・西日本短大附(2位)・九州国際大付(3位)
【佐賀】佐賀北【長崎】鹿町工業【大分】明豊【熊本】文徳【宮崎】日南学園
【鹿児島】
神村学園(1位)・鹿児島実業(2位)
【沖縄】
沖縄尚学(1位)・美里工業(2位)・美来工科(3位)・興南(4位)


注目のチームと選手

注目チームは、やはり選抜大会に出場した秀岳館(熊本)・熊本工業(熊本)・福岡大大濠(福岡)・東海大福岡(福岡)の4校です。

3季連続で甲子園ベスト4の秀岳館田浦投手川端投手の両左腕が甲子園でも好投を見せました。この二人のピッチングは九州大会でも注目です。

選抜ベスト8の福岡大大濠はエースの三浦銀二投手が甲子園でも評判通りのピッチングを見せてくれました。しかし、延長15回引き分け再試合などもあったため、三浦投手以外の育成を目的に九州大会では、他の投手の起用も多くなりそうです。

東海大福岡は甲子園で粘り強いピッチングを見せた安田投手に注目です。

一方で、選抜では本来のピッチングが出来なかった熊本工業山口翔投手ですが、依然プロの評価も高く、九州大会での巻き返しに期待したいです。

この4校の他に佐賀北(佐賀)・明豊(大分)・鹿児島実業(鹿児島)・美来工科(沖縄)・興南(沖縄)の5校が秋に続いて出場します。





 - 高校野球