2018年の高校野球は大阪桐蔭から目が離せない!

   

最強世代と言われる大阪桐蔭の新チームが、18日の秋季大阪大会2回戦・星翔戦(富田林)で初戦を迎える。

史上初となる2度目の甲子園春夏連覇を狙った旧チームは、夏の甲子園3回戦・仙台育英戦で敗戦。新チームでは、同戦で悔しさを味わった中川卓也内野手(2年)が新主将に就任し、同戦先発の柿木蓮投手(2年)がエースナンバーの1番を背負う。2人は今夏の経験を力に変えて、名門をけん引している

出典:デイリースポーツ

いよいよ、大阪桐蔭最強世代が始動ですね。

選抜大会が第90回で、夏の選手権が第100回という記念すべき年に、甲子園春夏連覇を狙えるメンバーが揃う大阪桐蔭。

2018年の高校野球界で絶対目が離せないチームです。



夏の甲子園で悔しい想いをした新キャプテン

その新チームのキャプテンになったのが中川卓也選手

中川選手と言えば、今年の夏の甲子園・仙台育英戦で9回2アウトの守備で1塁ベースを踏みそこない逆転サヨナラ負けのきっかけを作ってしまいました。

その時の映像がこちら


この試合もこれからずっと高校野球の名シーンとして語り継がれそうです。

このプレーで、中川選手本人はかなり悔しい想いをしたことだと思いますが、ぜひ新チームのキャプテンとして頑張って欲しいですね。

浪速のスター軍団参上!

その中川新キャプテンがこれからまとめて行く、新生大阪桐蔭は、中学生の頃から全国区でも有名だったスター選手が集まった『浪速のスター軍団』です。

そんなスター軍団で秋にエースナンバーを背負うのが、夏の甲子園3回戦の仙台育英戦でも先発し好投した柿木蓮投手です。

柿木投手はMAX147キロのスケールの大きい本格派右腕。夏の仙台育英戦では完封間近で悔しい想いをしましたが、これから更に上を目指す投手として良い経験になったと思います。

そしてもう一人注目のピッチャーが身長190cmという大型左腕の横川凱投手です。

横川投手は中学生時代にNOMOジャパンに選らばれるなど、早くからその素質を期待されている投手です。

この二人に加え、野手としても投手としても超高校級と言われている根尾昂選手もいつでも投げられる状態です。

この根尾昂選手は中学時代、野球ではNOMOジャパンに選出され、スキーでは日本一に輝き、世界大会にも出場したスーパーアスリートです。

春の選抜では甲子園でも登板し、夏の選手権大会では4番も打った超高校級の二刀流選手で、プロも今から徹底マークしている逸材です。

この根尾昂選手を見ていると高校時代にショートを守りながら150キロ超えの速球を投げていたソフトバンクの今宮選手とイメージが重なります。将来的にはその今宮選手を超える素晴らしい選手になるかもです。

ホント高校野球でこれだけのメンバーが揃う投手陣は無いと思います。(そういえば、2015年に夏の甲子園を制覇した東海大相模の投手陣も凄かったな~)



野手も逸材揃い

一方で野手に目を転じると、これまた凄い選手が揃っています。

前での根尾昂選手は旧チームから4番に座ることもあり、鋭い目つきと、鋭いスイングが魅力的です。

トップバッターには、今年のU18侍ジャパン高校代表で2年生ながら不動の1番として活躍した藤原恭大選手がいます。

藤原選手は50メートル走5秒8の俊足に加え、選抜決勝でも2本塁打を放ったパンチ力も持ち合わせ、来年のドラフト候補にもすでにリストアップされています。

今春選抜でもクリーンナップを打ち、5割以上の打率を残し優勝に大きく貢献した山田健太選手も健在です。新チームではサードからファーストにコンバートされ、より一層バッティングに集中できそうです。

他にも今春選抜では2番でレフトを守っていた宮崎仁斗選手もいます。

まとめ

あらためて顔ぶれを見てみると、よくこれだけのメンバーが集まったなと感心してしまいます。

そして、経験と実績もすでに十分あるので、間違いなく2018年の高校球界は大阪桐蔭を中心に回って行くと思います。

みなさんも是非、『浪速のスター軍団』大阪桐蔭に注目してみて下さい。






 - 高校野球