第90回(2018)選抜高校野球の中国地区出場校を予想してみた!

      2017/12/01

甲子園での高校野球観戦におすすめのホテルをチェック!
こんにちは。おやじ野球ブロガーのタカシです。

高校球界は、これからシーズンオフを向かえるわけですが、一足先に来年春の第90回選抜高校野球大会の出場校を予想しています。

今回は、第90回記念大会枠として出場枠が1つ増える予定の中国・四国地区の中国地区についてです。



中国地区の出場枠

中国地区に属するのは『鳥取』『島根』『岡山』『広島』『山口』の5県です。

この地区の例年の出場枠は中国地区と四国地区を合わせて5となっています。

選び方としては、まず中国、四国それぞれに2校ずつ選び、残りの1校を中国と四国の中から選びます。

ちなみに、2017年の第89回選抜では中国からは宇部鴻城(山口)、市立呉(広島)、創志学園(岡山」)の3校が選ばれました。

そして、2018年の選抜は第90回の記念大会のため、中国・四国地区の出場枠が1増やされて6となります

これは、中国・四国の球児にとっては大きなチャンスです。

6校の割り振り方は、中国地区、四国地区仲良く3校ずつです。

秋季中国大会の結果

それでは、第90回センバツの出場校はどこになるのか?

まずは、出場校を選出する上で参考資料となる秋季中国大会の結果を見てみましょう。

こちらが、トーナメント表です。

 

決勝戦はどちらも今夏の甲子園出場メンバーが残る、下関国際(山口)とおかやま山陽(岡山)の対戦でした。

両チームとも自慢の打線が爆発して、決勝戦まで勝ち進んできましたが、この決勝も壮絶な点の取り合いでした。

下関国際は初回と7回にビッグイニングを作り11得点、一方のおかやま山陽は終盤に得点を重ね、9回には5点差を追いつき、更に延長10回に試合をひっくり返して11対12で中国大会初優勝を飾りました。

そしてベスト4には、広島3位の瀬戸内と広島4位の尾道の広島勢が勝ち残りました。



出場校予想

それではいよいよ出場校予想です。

まず、優勝したおかやま山陽と準優勝の下関国際は文句なく選出されると思います。

選出されれば、両チームとも夏の選手権大会に続いて二季連続の甲子園出場となります。

どちらのチームも夏は初戦で敗退しているので、春はその教訓を活かして勝ち進んでくれることを期待します。

そして3枠目は、準決勝に進んだ瀬戸内尾道の広島県同士の争いとなりそうです。

と言うことで、準決勝の内容を見てみましょう。

尾道は準優勝の下関国際に0対7の8回コールドで大敗、一方で瀬戸内は優勝校のおかやま山陽に最後まで喰らいついて3対7の惜敗

準決勝の結果からして、瀬戸内の方が選出される可能性は高そうです。

しかも秋季広島県大会の3位決定戦ではこの両チームが直接対決していて、瀬戸内が4対1で尾道を下しています

それでは、私の予想をまとめておきます。

おかやま山陽(岡山)
下関国際(山口)
瀬戸内(広島)
尾道(広島)

中国地区はかなり堅い予想です。

ちなみに、選抜出場校が正式に決定する第90回記念選抜高校野球大会出場校選考委員会2018年1月26日(金)に行われます。






 - 野球, 高校野球 , ,