2018(第90回)選抜高校野球大会はいつから?日程や気になる出場枠について

   

こんにちは!おやじ野球ブロガーのタカシスタイルです。

いよいよ選抜高校野球も2018年で第90回目を迎えます。

この第90回大会は、5年に一度の記念大会ということで出場校が増えたり、甲子園大会初の延長タイブレーク制度が導入されるなど、何かと話題の多い大会です。

今回はそんな選抜高校野球大会の日程や出場枠についてご紹介したいと思います。



日程について

まず日程についてまとめておきます。

大会は、2018年3月23日(金)から13日間の予定で行われます。尚、この13日間には準々決勝(ベスト8)翌日の休養日が含まれています。会場となる球場はもちろん阪神甲子園球場です。

センバツ大会に先立ち、出場校を決める選考委員会2018年1月26日(金)に毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれます。

そして組み合わせ抽選会2018年3月16日(金)に同じく毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われます。

選考委員会 1月26日(金)
組み合わせ抽選会 3月16日(金)
開会式 3月23日(金)
決勝戦 4月4日(水)

出場枠は4校増の36

選抜大会の出場校は夏の選手権大会のように1県1代表ではありません。全国を10地区に分けて出場枠数が割り当てられています。

例年の出場校は32校ですが、2018年は第90回記念大会ということで、いつもより4校多い36校が選出されます。

増える地区は東北東海北信越中国・四国それぞれ1枠ずつ増えます。

出場枠数 例年 第90回大会
北海道 1 1
東北 2 3
関東・東京 6 6
東海 2 3
北信越 2 3
近畿 6 6
中国・四国 5 6
九州 4 4
一般枠合計 28 32
21世紀枠 3 3
明治神宮大会枠 1 1
合計 32 36




タイブレーク初採用

今回のセンバツから延長13回からのタイブレークが導入されました。

タイブレークとは

野球やソフトボールで試合を早く終わらせるための制度。延長で同点の場合、規定の回から「無死一、二塁」「1死満塁」など複数の走者を塁に置いた状態で攻撃を始め、点を入りやすくする。タイブレークが始まる回に打順を新たに選べる「選択打順」と、前の回から続く「継続打順」がある。

すでに2014年から都道府県大会では導入されているタイブレイク制度ですが、甲子園でのタイブレーク導入は今回が初めてです。

導入にあたっての理由として高野連は以下のように言っています。

引き分け再試合による投手の負担への配慮のほか、スムーズな日程消化、タイブレークが採用されている国際大会を戦う上で慣れる必要がある

タイブレーク導入により延長引き分け再試合というのは無くなります。前回大会(第89回)では、2試合続けて延長引き分け再試合という球史に残る珍事が起こりましたが、これからはそういったことは無くなる訳です。

一ファンとしてはちょっと面白みが減ってしまう気もしますが、球児への負担軽減につながるのならタイブレーク導入もしかたないかなと思います。

まとめ

2018年は第90回選抜高校野球大会と合わせて夏の選手権大会も第100回を迎えます。

この記念すべき年に高校3年生になるミレニアム世代は高校入学当初から大きな期待を集めてきました。

その代表格が、2017年(第89回)選抜大会でミレニアム世代中心のチームで優勝した大阪桐蔭です。

果たして、王者大阪桐蔭を破るチームが現れるのか?それとも大阪桐蔭のセンバツ2連覇なるか?今から楽しみな2018選抜高校野球です。






 - 野球, 高校野球 , ,