ビットコイン取引所コインチェックの簡単アカウント作成方法

      2017/10/15

10月からビットコインを始めたばかり、仮想通貨超初心者のタカシスタイルです。

ビットコイン良い感じで値上がりしていますね。

10月1日に僕が買った時が1BTC=49万円ぐらいだったのが、2週間もしないうちに60万円を超えています。

この先、値上がりするか、しないかは正直なところ神のみぞ知るですが、ビットコイン投資に興味を持ったら、とりあえず早くビットコインが欲しくなりますよね。

僕がそうでした!

でも僕と同じく投資初心者の人はビットコインをどこで買えば良いかすら分からないのではないでしょうか?

そこで今回は、『ビットコイン初心者の僕はこんな風に買ったよ』というのをまとめておこうと思います。

僕と同じビットコイン初心者の参考になれば幸いです。



取引所を利用しよう!

ビットコインを手に入れる方法はいくつかありますが、初心者にとって最も簡単なのは仮想通貨取引所で購入する方法です。

ビットコインユーザー同士で直接取引するOTC(Over the counter)取引ビットコインATMを使う方法もありますが、やっぱり取引所経由が一番簡単で安心です。

僕はコインチェック

ビットコイン取引所は、国内に10数社ありますが僕が選んだ取引所はコインチェック(coincheck)です。

もちろん慣れてきたら複数の取引所にアカウントを作っても構いませんが、まず一箇所お気に入りを見つけましょう。

ちなみに、僕がコインチェック(Coincheck)を選んだ理由は仮想通貨の取り扱い種類が日本で一番多く、利用者も沢山いそうなので安心かなと思ってです。

取引所も色々あるので、自分で調べてみて何処を使っても良いとは思いますが、以前にコイン紛失騒動で世間を騒がせた『マウントゴックス』の様な事が再び起こらないとも限らないので、より信頼感のあるメジャーな取引所を使った方が安心ですね。

アカウント作成手順

こちらからコインチェックにアクセスするとまず最初に以下の様な画面が出てきます。

ここでメールアドレスとパスワードを入力します。

次に登録したメールアドレスに以下の様なメールが送られて来ます。

メール内にリンクがありますので、それをクリックしてメールアドレスの認証を完了します。

これでコインチェックにログイン出来るようになります。

続けて、本人確認です。

『本人確認書類を提出する』ボタンをクリック

電話番号認証画面になるので携帯電話の番号を入力して送信。

SMS(ショートメール)を使って認証するので、固定電話はダメです。
次に、登録した電話番号に送られてくるSMS(ショートメール)に記載されている6桁のコードを入力

認証が成功すると以下の様な画面になります。しかしこの段階では、本人確認書類の提出が済んでいないので、「サービスの閲覧」と「アフィリエイトの利用」しか出来ないので、もう一度『本人確認書類を提出する』ボタンをクリックしてください。

次の画面で名前や生年月日、住所など基本情報を入力してください。続いて、本人確認が出来る書類の写真を撮って送信します。

書類は・旅券(パスポート)・在留カード・特別永住者証明書・外国人登録証明書・運転免許証等・官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付きのものの中からいずれか一点です。ここまで終わったら、4~5日でコインチェック(coincheck)から本人確認完了のハガキが簡易書留で送られて来ます。

これで、コインチェック(coincheck)の全てのサービスが利用できるようになります。

まとめ

コインチェックのアカウント作成はとても簡単です。

10分もあればweb上の登録は完了してしまいます。

ただ、入金してコインを購入するにはハガキでの本人確認が完了してからなので、どうしても4~5日掛かってしまいます。

その間にもコインが暴騰することもありますので、チャンスを逃さない為にも、思い立った時にコイン取引所のアカウントを作成しておくことをおすすめします。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


 - ビットコイン , ,