キャノンプリンターPIXUS(ピクサス)MG6130でエラーC000と表示された時の対処法

   

愛用しているキャノンのプリンターが、電源は入るのですが、エラーメッセージが表示されて動かなくなってしまいました。

説明書を見たり、思いつく対処法を試みたのですがすぐに原因が分からず、意外と直すのに時間が掛りました。

なので、もし同じ機種のプリンターを使用している人が、この様な状態になってしまった場合、この記事を見て簡単に直せるように、状況と対処法を書き記しておきたいと思います。


使用機種と故障状況

まず、使っているプリンターはキャノンのPIXUSピクサスMG6130という機種です。

by カエレバ

状況は、

液晶画面に「C0000 プリンタートラブルが発生しました。 電源を入れ直してください。 解決しない場合は、取扱説明書を参照してください。」

という表示が出て、それ以上動かなくなってしまいました。

とりあえず、表示通り電源を入れ直してみました。

しかし、状況は変わらず。

「うん~」

そう簡単には直りませんね。

エラー番号が説明書に載ってない!?

続いてエラー表示に、「解決しない場合は、取扱説明書を参照してください」とあるので、指示に従って説明書を参照。

 

ここで厄介だったのが、液晶画面に表示されたエラー番号”C000“に該当する記述が説明書のどこを見てもなかった事です。

 

説明書を見ろと言っておきながら、エラー番号が載っていない・・・

「?????」

 

「なんだよ!」

 

 

仕方ないので、一度電源プラグをコンセントから抜いて、しばらく放置し、その後、電源を入れ直してみました。

しかし、状況は良くならず。


原因はプリントヘッドホルダー

続いて、インク交換をする要領で、スキャナーユニットを持ち上げてみました。

すると、おもいっきり紙が詰まっていました。

それも、プリントヘッドホルダーにぐちゃぐちゃに。

これが、プリンターが動かない原因でした。

力を入れて引っ張ったら、詰まった紙が途中で切れてしまいました。

強引に紙を引っ張るのではなく、ゆっくりとプリントヘッドホルダーを動かしながら紙を取り除いた方が良いです。

再度電源を入れたところ、ようやく電源が入り、プリンターが直りました。

まとめ

キャノンのピクサスMG6130というプリンターはプリントヘッドホルダーに紙が詰まると”C000″というエラー番号が表示されます。

そのエラー番号”C000″は説明書を見ても載っていません。

一瞬、途方に暮れるかもしれませんが、落ち着いてスキャナーユニットを持ち上げてみて下さい。

恐らくプリントヘッドホルダーに紙が詰まっているので、ゆっくりとプリントヘッドホルダーを動かして紙を取り除きましょう。

強引に引っ張ると紙が途中で切れてしまうので注意しましょう。







 - その他