【少年野球】どうしてうちの子は打てないの?原因を分析してみました。

      2017/09/25

こんにちは!野球と子供を愛するおやじ野球ブロガーのタカシです。

ここ最近、子供の少年野球の試合がかなりハードスケジュールです。

今週末も土日2日間で3試合を行うという強行日程。付き添う親もヘトヘトになりそうです。

ところで、あなたのお子さんはヒット打ってますか?バッティングに自信を持っていますか?

実はうちのガキんちょは全然打てません。親がコーチをやっていながら目を覆いたくなるほど打てないんです。

たま~にヒットが出ても、振り遅れのポテンヒットぐらいのもので、ベンチから子供のバッティング見ていると悲しいやら、腹が立つやら。

つい、カッとなって厳しい言葉を浴びせてしまうこともあるんですが、子供のバッティングが悪いのはやっぱり親のせいですかね

気長に打てるようになるのを待ちたいと思います。

でもせっかくなので、何でうちの子(小4)が打てないのかその原因を分析してみました

もし「うちの子も打てないんだよ~⤵」と子供のバッティングを心配している親御さんがいましたら参考にしてみて下さい。



センスで打てちゃう子もいる

まず、バッティングが上手な子と下手な子の”違いは何か?”について書いてみたいと思います。

正直、小学生のうちなんて、ピッチャーもストレートしか投げないのでセンスで打てちゃう子もいるんですよ。

そういう打てちゃう子を見ていると本能でバッティングをしているな~と感じます。

本能で打つとはつまり、『頭で考えないで』・『単純に』・『来た球を手に持っている棒で打つ』ということです。

子供達を見ていると結局バッティングで重要なのは、本能的ないたってシンプルなことの様な気がします。

うちの子はなぜ打てないのか?

センスで打てちゃう子がいる一方で、センスで打てない子もいます。

ただ勘違いして欲しくないのは、センスで打てないと言っても、『お前は野球の才能が無い!!』という話ではなく、自らをどんどん打てない方向に打てない方向に追い込んでしまうセンスを持っているという事です。

その代表格が、正にうちの子なんですが・・・

打てないセンスを持っている子を見ていると何でも物事を真面目に捉えてしまう子が多いような気がします。そして本能ではなくて頭で考えてバッティングをしようとしてしまいます。

そして、教われば教わるほど頭で考えてしまい、コーチや監督などからアドバイスを貰えば貰うほど頭と体がバラバラになっている気がします。

打てない原因

それでは、より具体的にうちの子が打てない原因を書き出してみたいと思います。(ちなみに、すでに直っている部分もあります。)

よかったら自分ちのお子さんと比べてみて下さい。

◎タイミングを取るとき、打ちに行くときに前後・上下に頭が動き軸がぶれてしまっている。

目線が動いてしまい空振りが多くなります。

◎タイミングを取った時に、後ろ足にしっかりとタメが出来ていない。

パワーが生まれないので、ボールを強く弾き返せない。遅いボールに突っ込んでしまう。

◎上半身主導のスイングになっていて、腰の回転で打てていない。

手打ちになってしまう。スイングスピードが上がらない。

◎下半身が弱く軸がしっかりしていない。

力強い💪打球が打てない。

試合でヒットを打てない理由となるとまだまだ他にもあると思いますが、バッティングの根本の部分に絞ってうちの子が打てない原因を考えると上記に書き出したことが大きな原因だと思います。

まぁここで書き出したようなことは少しづつでも直していかないと、いつまで経っても打てないと思っています。ただ、うちの子は小4なので、焦らずにじっくりと修正していけばいいかなとも思っています。



今取り組んでいる練習方法

これらの原因を踏まえて、親子で取り組んでいるのが毎晩の素振りです。

「なぁ~んだ。素振りか~。」と思うかも知れませんがやっぱりバッティングの基本は素振りです。

大切なのは、その素振りを毎日続けることと正しい形のスイングで振らせることです。

そして子供だけでやらせても、悪いスイングで数をこなすだけになってしまうので、必ず私がチェックしています。

意識させていること

素振りの際には以下の事を強く意識させて(口酸っぱく言って)やっています。

◎頭を軸にして、前後左右に動かすな!

◎しっかりと後ろ足にタメを作れ!

◎上体ではなく、下半身主導でスイングしろ!

正直、何度言っても出来たり出来なかったりですが、そこはこちらも気長に構えて少しずつ理想のスイングに近付いて行ければ良いかなと思っています。

最後に

徐々にですが、うちの子も良い形のスイングになって来ています。

ただ、なかなか試合での結果に繋がってはいないのですが、その点は気長に待って上げます。

そして、親子での素振りはこれからも続けて、スイングのチェックはいつもして上げようと思っています。

私は野球経験者なので、小学生ぐらいならアドバイスできるのですが、全く野球をやったことのないお父さんは子供のスイングをチェックしてあげると言っても難しいと思います。

そういう時は、元プロ野球選手が教えてくるDVD教材などを利用するのも一つの方法です。
【DVD教材】
少年野球 バッティング あの愛甲猛が教える少年野球のバッティングを上達させる指導法






 - 少年野球